データ準備に取り組む際に知っておくべき5つの基本的な修正機能

Kirsten Van Praet
1月 30, 2018

3Dモデルの設計や3D造形に携わった経験があれば、CADからSTLに変換した際に発生するファイル修正がいかに重要かはご存知でしょう。設計段階では完璧に見えるファイルもいざ造形を開始すると失敗に陥ることもしばしば。エラーは簡単に見過ごされ、そのため、STL編集ソフトウェアが造形時の問題を回避し、造形成功をするために力を発揮するのです。理想的に造形可能な3Dモデルを得るためのファイルの修正や編集ツールをご紹介します: これらはすべてMaterialise Magicsに含まれる機能です。

詳しく読む

Simulation Leads to More Reliable and Less Expensive Production

Kirsten Van Praet
12月 22, 2017

Dr. Hendrik Schafstall explains what value simulation can bring in Metal 3D Printing, what it means to have simulation integrated within Materialise Magics and what the future of simulation looks like.

詳しく読む

マテリアライズ メタルAMアカデミー 国内開催の様子

Yuka Hattori
12月 15, 2017

12月6~7日の二日間の集中講座として実施された、マテリアライズ主催の「メタルAMアカデミー」。金属3Dプリントに携わられている方を中心に多数ご参加いただきました。造形失敗を最小限に抑え、より安定した金属造形へとつなげるためには何が本当に必要なのかを知ることは多くの方々が抱えている課題ではないでしょうか。金属3Dプリントの基礎知識を得ることはもちろん、様々な要素や特性がどのように関連していて、どのような影響を及ぼすのかを詳しくご理解いただくよう、金属3Dのスペシャリストが来日し、アカデミーが開催されました。大変ご好評いただきましたアカデミーの様子をお伝えします。

詳しく読む

金属3Dプリント用サポート自動生成ソフト いち早く試したエンジニアの感想は?

Kirsten Van Praet
11月 14, 2017

金属3Dプリントの悩みの種だったサポート生成を自動化する新ソフト「Materialise e-Stage for Metal」が正式発表に。いち早くサポート自動生成機能を試したエンジニアが、テスト造形の様子を話してくれました。

詳しく読む

銃弾の貫通した肩甲骨再建、3Dプリンタ製インプラントで支援

Joyce Van den Broeck
9月 18, 2017

姪の結婚式翌日、結婚に反対していた新郎の父親による銃乱射事件に巻き込まれたナタリー・ドュッフォー・ダンジョンさん。左肩に銃弾を受けた彼女の運命を変えたのは、3Dプリンタ製のカスタムインプラントでした。

詳しく読む

国内3Dプリントのパイオニア、コイワイの目指す次なる3Dプリント事業とは

Kirsten Van Praet
7月 24, 2017

自動車部品の鋳物を中心に事業展開しているコイワイは、日本国内でいち早く金属3Dプリンターを取り入れるなど、積極的な投資で鋳造・金属部品製造業界の技術革新をリードしてきました。そんな彼らが次に目指すのは、緻密な生産管理にもとづいた3Dプリント製造ラインの立ち上げと、3Dプリントの価値を本当に活かしたものづくり。その目標達成に向け、マテリアライズのソフトウェアも一役買っています。

詳しく読む

金属3D造形を成功させるヒント: リコーター

Kirsten Van Praet
7月 21, 2017

金属造形を成功させるには、プロセスを理解することが大切です。リコーターもその中のひとつです。どのような種類のリコーターがあるのか、また、それらの持つ特性はどういったものか。さらに重要なのは、それぞれのリコーターに合った対策はどのようなものなのか、ということです。

詳しく読む

金属3Dプリント時のサポート除去を楽にする、5つのコツ

Kirsten Van Praet
7月 18, 2017

金属3Dプリントの「必要悪」とも考えられているサポート材。金属3Dプリントにかかせない存在ではあるものの、取り外しやその後の表面磨き等の仕上げに時間がかかるのも事実です。今回の記事では金属3Dプリント時のサポート量を減らし、除去を楽にするコツ5つを紹介!このコツをマスターすれば、造形品質を上げつつ仕上げ時間も造形コストも抑えることが可能になります。

詳しく読む

3Dプリント、自然、アートの集合を目指して ロス・ラブグローブ氏のデザイン哲学

Yui Takahara
6月 07, 2017

今世界で最も有名なインダストリアル・デザイナーのひとり、ロス・ラブグローブ氏。有機的な形状をデザインに取り入れることで知られ、「オーガニックデザインの父」とも呼ばれるラブグローブ氏は、3Dプリントなどの最新技術を利用しながら常に新たなインダストリアル・デザインの形を模索してきました。今回はラブグローブ氏へ特別インタビューを実施、彼のデザイン哲学、デザイン界で3Dプリントが果たすべき役割など、さまざまな質問に答えていただきました。

詳しく読む

3Dプリンタ製腎臓モデルで治療方針決定プロセスはどう変わる?NYU医学部の研究結果

Yui Takahara
5月 29, 2017

3Dプリントされた腎臓模型の使用が、最適な治療方針の決定を助ける――。そんな事実がNYU(ニューヨーク大学)医学部で行われた泌尿器科領域の最新研究で明らかになりました。研究の中では3Dプリント臓器モデルを手に取った医師が手術から侵襲性の低い方法へ治療方針を変更するケースも見られ、3D臓器モデルが患者第一のヘルスケア実現を助けることが示唆されています。

詳しく読む