COVID-19影響下で、Point-of Care 3D Printing(院内3Dプリント)に求められること

Todd Pietila
3月 27, 2020

COVID-19 has placed a significant burden on healthcare systems around the globe that are straining to handle the volumes of ill patients requiring life-saving treatment. The shift in clinical priorities in response to the pandemic provides the opportunity for 3D-printing resources at the Point-of-Care, including software, equipment, and skilled personnel, to be used in other ways. 

詳しく読む

新型コロナウイルスのパンデミック中でもAMの生産性を維持する5つの方法

Madeleine Fiello
3月 26, 2020

世界中で新型コロナウイルスの感染が広がる中、在宅勤務をしたり社会的隔離を実施することは重要です。しかし、それはAMの生産性を下げることにはつながりません。このような困難な状況でも、生産性を維持するヒントを考えてみました。

詳しく読む

金属造形向けアカデミーから学べる5つのこと

Madeleine Fiello
1月 21, 2020

3D プリント業界外からマテリアライズに転職してきた社員から見た、金属造形向けアカデミーの利点をまとめてみました。今回参加したアカデミーには、様々なバックグラウンドを持ったお客様が参加していましたが、参加者にとって、何が学べるのかを体験してきましたのでご紹介します。

詳しく読む

UCSFの実例: AR、VR、および3Dプリンティングが放射線科と外科のギャップを埋める

Todd Pietila
1月 15, 2020

拡張現実(AR)、バーチャルリアリティ(VR)、3Dプリンティングなどの3D技術は、2Dディスプレイの3D画像で見るよりも多くの情報を提供するため、UCSF(カリフォルニア大学サンフランシスコ校)の外科手術計画において重要なツールとなっています。 

詳しく読む

Materialise C&V meeting 報告

Shoko Ohashi
11月 19, 2019

9月7日土曜日、循環器領域の先生方にお集まりいただき、Materialise C&V meetingを開催しました。循環器領域での3Dシミュレーションや3Dモデル活用が広がる中で、日本での導入や活用の実際とは。それらを日頃から活用している先生方に活用の工夫を共有いただきました。また、特別講演として、循環器領域の生体力学について研究をされている大阪大学 大学院基礎工学研究科 機能創成専攻の大谷先生に、「4D医用画像から心臓の中の流れを計算する」と題してお話いただきました。医用画像から心臓の中の流れを計算する上での難しさやその解決法とは。そして、そこでMimicsはどのように活用されたのでしょうか。

詳しく読む

2019年にローンチされた材料のメリット

Madeleine Fiello
11月 13, 2019

マテリアライズは2019年に6種類の新しい材料追加を発表しました。

詳しく読む

世界最大のジェットエンジンの開発にMaterialise ソフトウェアが貢献した経緯

Jana Obermueller
8月 08, 2019

ボーイング社の次世代ジェット機777Xのために開発された世界最大のジェットエンジンGE9Xは、2018年3月にGEの飛行試験場で初飛行を行いました。その重要な3Dプリントされたタービン部品がどのようにMaterialiseソフトウェアソリューションを使用して作成されたか、また、これらの同じソリューションがどのようにIndustry 4.0の認証製造による量産支援したかご覧ください。

詳しく読む

なぜ今、医療施設がポイント・オブ・ケア(院内)3Dプリンティングに注目するのか

Elizabeth Boorman
7月 17, 2019

触覚的に認識できること、電子カルテに統合できること、画面を使わずに患者と向き合って話ができること。「3D Printing in Medicine Course」で、病院が院内に3Dプリンティング設備を持つようになってきている理由について、議論されました。2019年6月13日と14日にベルギーのルーベンにあるMミュージアムで開催されたこのイベントには、病院で医用画像データの解剖モデル化に携わる臨床医、医用画像の専門家、エンジニア、その他の専門家が一堂に会し、この分野をさらに発展させるための学びや知見、事例を共有しました。

詳しく読む

3Dプリントに適した症例の確認

Todd Pietila
6月 26, 2019

These guidelines are furthermore influential as they will support new billing codes, called CPT codes, for Point-of-Care 3D Printing, which are due to implemented in July this year. These initial CPT codes make it possible to collect more data on the prevalence of 3D printing and for what cases it is used across U.S. hospitals and will ultimately pave the way for further reimbursement initiatives.

詳しく読む