タグ付きの記事を表示 "3D Print"

データ準備時間を90%削減する金属造形用サポート

Kirsten Van Praet
7月 20, 2018

As the metal AM industry grows and 3D printed components become increasingly complex, so does the need to integrate automated processes. It takes a lot of time to create support structures that anchor the part sufficiently and prevent warpage, but which are at the same time easy to remove. Especially parts with a complex geometry need to be prepared very thoroughly as each surface that lacks sufficient support may cause defects in the part or even build crashes.

詳しく読む

マテリアライズ メタルAMアカデミー 国内開催の様子

Yuka Hattori
12月 15, 2017

12月6~7日の二日間の集中講座として実施された、マテリアライズ主催の「メタルAMアカデミー」。金属3Dプリントに携わられている方を中心に多数ご参加いただきました。造形失敗を最小限に抑え、より安定した金属造形へとつなげるためには何が本当に必要なのかを知ることは多くの方々が抱えている課題ではないでしょうか。金属3Dプリントの基礎知識を得ることはもちろん、様々な要素や特性がどのように関連していて、どのような影響を及ぼすのかを詳しくご理解いただくよう、金属3Dのスペシャリストが来日し、アカデミーが開催されました。大変ご好評いただきましたアカデミーの様子をお伝えします。

詳しく読む

金属3Dプリント用サポート自動生成ソフト いち早く試したエンジニアの感想は?

Kirsten Van Praet
11月 14, 2017

金属3Dプリントの悩みの種だったサポート生成を自動化する新ソフト「Materialise e-Stage for Metal」が正式発表に。いち早くサポート自動生成機能を試したエンジニアが、テスト造形の様子を話してくれました。

詳しく読む

銃弾の貫通した肩甲骨再建、3Dプリンタ製インプラントで支援

Joyce Van den Broeck
9月 18, 2017

姪の結婚式翌日、結婚に反対していた新郎の父親による銃乱射事件に巻き込まれたナタリー・ドュッフォー・ダンジョンさん。左肩に銃弾を受けた彼女の運命を変えたのは、3Dプリンタ製のカスタムインプラントでした。

詳しく読む

金属3Dプリントと職人技が命を吹き込む、ビンテージ風腕時計

Yui Takahara
12月 05, 2016

「ビンテージ風のデザイン、繊細な手作業、そしてテクノロジーの融合に、ずっと魅了されてきた」。そう語るのは「ホルセンリックス・ウォッチ」(Holthinrichs Watches)の創業者、ミヒル・ホルセンリックス氏。金属3Dプリント技術を通じ、新たなカスタマイゼーションの可能性と自由なデザイン性を腕時計づくりに取り入れようと奮闘する、新鋭腕時計職人です。彼は先月末にこの3Dプリンタ製腕時計ブランドを発表したばかり。昔ながらの職人技と最新の金属3Dプリントを融合し、美しいビンテージ風腕時計に仕上げるミヒルのアトリエを覗かせてもらいました。

詳しく読む

ウェビナーで学ぶ、THA後の大腿骨有限要素モデルの構築と骨リモデリングの解析

Yui Takahara
11月 28, 2016

新潟大学工学部機械システム工学科、プラムディタ・ジョナス・アディティヤ先生は衝撃工学・バイオメカニクス領域のエキスパート。日本でも増えつつある人工股関節全置換術(THA)用器具の設計改善や最適な位置決定を目指して有限要素解析(FEA)を取り入れた先生の研究には、マテリアライズの生体医工学用ソフト Mimics Innovation Suite for Research も活躍しています。今回はFEAとバイオ・メディカル・エンジニアリングの関係にスポットを当てるとともに、プラムディタ先生の詳しい研究内容を動画で公開!ここでしか観られない貴重な講演です。

詳しく読む

瘢痕(はんこん)化した心臓組織を3Dプリント、不整脈のリスクを測る

Yui Takahara
11月 22, 2016

ふたつの病院から成る「ロイヤル・ブロンプトン&ヘアフィールドNHS財団」は、以前から治療に3Dプリントを活用してきたイギリス・ロンドンの国営医療機関。心臓と肺の医療に特化したこの財団では、先日患者の心臓MRIスキャン画像に基づいた心臓モデルの3Dプリントを新たに開始しました。何よりも最も革新的なのは、彼らが心臓の瘢痕(はんこん)部位を可視化して3Dプリントする方法を開発したことです。

詳しく読む

Magics が叶えるガウディの夢-サグラダファミリア完成へ向けて

Yui Takahara
2月 16, 2015

世界遺産にも指定されているバルセロナのサグラダファミリア。今は亡きモダニスト建築家、アントニ・ガウディの遺志を引き継いで現在もその建築が進められている「未完の聖堂」として有名です。でもその完成に向け、2001年から3Dプリント(積層造形)が活用されている事をご存知の方は少ないかもしれません。ガウディの夢を叶えるため、マテリアライズの3Dプリント用ソフトウェア Magics も一役買っているのです。

詳しく読む