タグ付きの記事を表示 "Medical 3D Printing"

シアトルチルドレンズ病院、StratasysやMaterialiseと協力してCOVID-19の資源不足に対応

Todd Pietila
5月 11, 2020

シアトルチルドレンズ病院の改善部門では、職員が患者、家族、およびチームメンバーにサービスを提供するためにより良い方法を見つけることを支援しています。この共有リソースは、組織全体に広がり、コーチング、コンサルティング、設計エンジニアリング、教育、プロジェクト管理、シミュレーションなどのサービスが含まれます。COVID-19の感染拡大の中で、チームがどのように協力して資源不足に対応したか、ご紹介します。

詳しく読む

Passive NIP: 「その素晴らしさはシンプルであること」 - ルーベン大学病院

Caroline Collard
4月 29, 2020

重度の呼吸器系の問題がある患者のために、当院では単純な酸素マスクと挿管のギャップを埋める新しく使いやすいソリューションの臨床試験を主導してきました。

詳しく読む

3Dプリントされた非侵襲のPEEPマスク 人工呼吸器の不足を軽減

Brigitte de Vet
4月 06, 2020

コロナウイルス感染が急速に拡大し続けており、世界中の病院では、供給不足になっている人工呼吸器が切実に必要とされています。 標準の医療機器をまとめて保持する3Dプリントコネクタを設計することにより、人工呼吸器を使用せずに酸素を供給し、高陽圧を生成するソリューションを開発しました。 これはMaterialise Passive NIPと名付けられています。現在、この危機の最中、できるだけ早く利用できるようにするため、薬事の規制プロセスを得ている最中です。

詳しく読む

COVID-19影響下で、Point-of Care 3D Printing(院内3Dプリント)に求められること

Todd Pietila
3月 27, 2020

世界規模のCOVID-19による影響は、救命治療を必要とする多くの患者に対応するために、世界中の医療システムに大きな負担をかけています。私たちは、この混沌とした状況の中で多くの感染患者を直接支援している世界中の医療従事者の方々に対し称賛の念に堪えません。複数の国で、サージカルマスク、フェイスシールド、救命用人工呼吸器、さらには患者のための物理的なスペースやベッドなどの医療機器や設備が不足し、これらの補充に追われています。これらの医療器具、機器や設備は、ハイテク化する医療機器業界でも、最も必要とされる基本の設備です。

詳しく読む

なぜ今、医療施設がポイント・オブ・ケア(院内)3Dプリンティングに注目するのか

Elizabeth Boorman
7月 17, 2019

触覚的に認識できること、電子カルテに統合できること、画面を使わずに患者と向き合って話ができること。「3D Printing in Medicine Course」で、病院が院内に3Dプリンティング設備を持つようになってきている理由について、議論されました。2019年6月13日と14日にベルギーのルーベンにあるMミュージアムで開催されたこのイベントには、病院で医用画像データの解剖モデル化に携わる臨床医、医用画像の専門家、エンジニア、その他の専門家が一堂に会し、この分野をさらに発展させるための学びや知見、事例を共有しました。

詳しく読む

Materialise Medical Congress Japan 講演報告Vol.1

Shoko Ohashi
6月 05, 2019

「側弯症矯正手術におけるバイオメカニクス:有限要素(FE)モデルによる高生体適合型インプラントの開発」

我汝会えにわ病院 整形外科 安倍雄一郎先生

詳しく読む

ウェビナー:先天性心疾患治療における3Dプリントモデルの有用性

Ami Watanabe
4月 14, 2016

皆様は小児の先天性心疾患の治療においてどのように3Dプリントモデルが使われているかをご存知でしょうか。今回は小児循環器専門医でインターベンションのスペシャリストでおられる小林大介先生に米国ミシガン小児病院における小児循環器インターベンション治療の最前線から、3Dプリントモデルの活用方法とその有用性についてご講演いただきました。

詳しく読む

3Dプリンタ製の脊椎模型で、先天性脊椎側弯症手術を「見える」化

Liesbeth Kemel
4月 06, 2016

先天性脊柱後側弯症を患い、生まれつき曲がった脊椎を持って生まれて来たイギリス、ウェールズ出身の8歳の女の子。彼女の治療を担当したアルダー・ヘイ子ども病院の脊椎専門外科チームは患者のCTスキャンをもとに脊椎模型を3Dプリントし、治療計画策定に役立てました。

詳しく読む

マテリアライズ北米ユーザー会と医用3Dプリントの学術誌のご案内

Ami Watanabe
1月 05, 2016

2016月2月3日(水)から5日(金)に米フロリダ州タンパにてユーザー会を開催致します。 北米における医用3Dプリントと3Dシミュレーション技術の応用の動向を知るまたとない機会になります。 是非皆様お誘い併せの上ご参加くださいませ。

詳しく読む

負傷したウミガメ、3Dプリンタ製インプラントで再び海へ

Yui Takahara
10月 29, 2015

ボートのプロペラに接触し、くちばしの大部分を失ったウミガメ。食べることも泳ぐこともできなくなったこのウミガメを救ったのは、熱心なボランティアによるケアと3Dプリントされたチタン製のインプラントでした。

詳しく読む