タグ付きの記事を表示 "3D Printing"

削減し再考する: アディティブ・マニュファクチャリングによる廃棄物削減のための積極的なアプローチ方法

Iva Divic
7月 05, 2021

ここ数年、私たちはサステナビリティの目標を拡大してきました。2025年までに達成すべき重要な目標を定義し、長期的な戦略に沿った実行可能なステップを踏んでいます。「AMをより持続可能なものにするためには何ができるか」「最も持続可能な選択としてAMを適用するにはどうすればよいか」といった問いかけをすることで、私たち自身やお客様がより持続可能な力を得られるようなソリューションを設計・想像する新しい方法を模索しています。

詳しく読む

世界最大のジェットエンジンの開発にMaterialise ソフトウェアが貢献した経緯

Jana Obermueller
8月 08, 2019

ボーイング社の次世代ジェット機777Xのために開発された世界最大のジェットエンジンGE9Xは、2018年3月にGEの飛行試験場で初飛行を行いました。その重要な3Dプリントされたタービン部品がどのようにMaterialiseソフトウェアソリューションを使用して作成されたか、また、これらの同じソリューションがどのようにIndustry 4.0の認証製造による量産支援したかご覧ください。

詳しく読む

なぜ今、医療施設がポイント・オブ・ケア(院内)3Dプリンティングに注目するのか

Elizabeth Boorman
7月 17, 2019

触覚的に認識できること、電子カルテに統合できること、画面を使わずに患者と向き合って話ができること。「3D Printing in Medicine Course」で、病院が院内に3Dプリンティング設備を持つようになってきている理由について、議論されました。2019年6月13日と14日にベルギーのルーベンにあるMミュージアムで開催されたこのイベントには、病院で医用画像データの解剖モデル化に携わる臨床医、医用画像の専門家、エンジニア、その他の専門家が一堂に会し、この分野をさらに発展させるための学びや知見、事例を共有しました。

詳しく読む

マテリアライズ メタルAMアカデミー 国内開催の様子

Yuka Hattori
12月 15, 2017

12月6~7日の二日間の集中講座として実施された、マテリアライズ主催の「メタルAMアカデミー」。金属3Dプリントに携わられている方を中心に多数ご参加いただきました。造形失敗を最小限に抑え、より安定した金属造形へとつなげるためには何が本当に必要なのかを知ることは多くの方々が抱えている課題ではないでしょうか。金属3Dプリントの基礎知識を得ることはもちろん、様々な要素や特性がどのように関連していて、どのような影響を及ぼすのかを詳しくご理解いただくよう、金属3Dのスペシャリストが来日し、アカデミーが開催されました。大変ご好評いただきましたアカデミーの様子をお伝えします。

詳しく読む

チタン製人工衛星用ジョイント部品、金属3Dプリントで66%軽量化

Yui Takahara
11月 28, 2016

人工衛星を軌道に乗せる際、その重量1kgあたりに約200万円もの費用がかかること、みなさんはご存知でしたか?だからこそ、重量最適化は宇宙探査機用のパーツを設計する際の最大の課題。ただし軽ければいいというものでももちろんなく、確かな強度や高い機能性も同時に要求されます。マテリアライズの3Dプリントサービス事業部がヨーロッパで3番目の規模を持つITサービス企業 Atos と共同で挑んだのは、チタン製人工衛星用ジョイント部品の「変革」。複雑な形状も難なく出力できる金属3Dプリントの強みを十分に活かし、新型パーツの重量を旧型と比べ66%削減することに成功しました。

詳しく読む

瘢痕(はんこん)化した心臓組織を3Dプリント、不整脈のリスクを測る

Yui Takahara
11月 22, 2016

ふたつの病院から成る「ロイヤル・ブロンプトン&ヘアフィールドNHS財団」は、以前から治療に3Dプリントを活用してきたイギリス・ロンドンの国営医療機関。心臓と肺の医療に特化したこの財団では、先日患者の心臓MRIスキャン画像に基づいた心臓モデルの3Dプリントを新たに開始しました。何よりも最も革新的なのは、彼らが心臓の瘢痕(はんこん)部位を可視化して3Dプリントする方法を開発したことです。

詳しく読む

ベルギー人冒険家、3Dプリンタ製SEIKO Xchangerサングラスをかけ北極へ!

Yui Takahara
10月 24, 2016

北極と南極探検を経た後、極地を旅する果敢な観光客グループを率いるガイドとして働くベルギー人冒険家、ディクシー・ ダンセルコール氏。北極や南極のような過酷な環境で目を守ってくれるサングラスは冒険家にとって大変重要なアイテムですが、珍しい鼻の形をしている彼には、中々合うものが見つけられないのが悩みでした。特に顔とフレームの間に隙間が空いてしまうことは、極寒の地では命取りともなりかねません。そんなダンセルコール氏の悩みを解決したのは、マテリアライズ、SEIKOオプティカル、眼鏡デザイン企業のフート・デザイン・スタジオ三社のコラボレーションにより生まれた、完全カスタマイズ可能な3Dプリンタ製サングラス「SEIKO Xchanger」でした。

詳しく読む

未来の眼鏡は顔面スキャンと3Dプリントでつくる!究極のオーダーメイド眼鏡がマテリアライズとHOYAから誕生

Yui Takahara
9月 23, 2016

眼鏡を日常的にかけている方なら「これだ」と思える眼鏡フレーム探しの苦労をご存知のはず。デザイン、色、着用時の快適さなど、全てを満たすフレームは中々見つけられないものです。更に選ぶ眼鏡フレームの形状によって顔へのフィット感、レンズの角度と寸法、目とレンズの距離が変わり、レンズの機能にまで影響してしまいます。

詳しく読む

3Dプリントが視力測定を変える?HOYAとマテリアライズが生んだ次世代アイケア用デバイスとは

Yui Takahara
4月 05, 2016

皆さんが最近行った視力測定の光景は、どのようなものでしたか?視力検査といえば、縦に並んだ文字が上から下へ段々と小さくなる、スネレン視力表やLogMAR視力表と呼ばれるおなじみのパネルを用いて行うのが一般的です。しかしそんな時代もまもなく終わりを迎えるかもしれません。

詳しく読む

ミシガン大学とマテリアライズ社が子供たちの命を救う気管用スプリントの3Dプリントにおける提携契約を締結

Ami Watanabe
1月 08, 2016

米国医薬品局(FDA)の承認による治験医療機器の利用拡大を受け、米国ミシガン大学が開発した3Dプリント製生体吸収型スプリントは2013年以来4人の幼児の命を救ってきました。 4人はいずれも先天性の気管障害である、気管軟化症(TBM)という病気を患っていました。マテリアライズ社(NASDAQ: MTLS)は新たに特許を取得したこのスプリントを市場に提供する為、ミシガン大学との臨床試験における独占契約を締結しました。これは、気管軟化症に苦しむ全ての子供たちに新しい技術を提供できるようになる為の貴重な第一歩となりました。

詳しく読む