タグ付きの記事を表示 "Automotive"

アディティブマニュファクチャリング - 何から始めればいいのか?

Radhika Dhuru
5月 25, 2020

アディティブマニュファクチャリングはここ数年で大きく成熟し、現在では本格的な、ほぼ主流に近い製造技術となってきています。しかし、その地位を確立したとはいえ、破壊的な可能性を失ったわけではありません。では、AMをビジネスに活用しようと思ったら、どうすればいいのでしょうか?同じものを作るための別の方法として扱うのか、それとももっと大きなことを考えるのか。私たちは、マテリアライズ・マインドウェアのSven Hermans氏とMathieu Cornelis氏に、何がAMへの素晴らしいスタートとなるのか、そしてなぜ躊躇せず手助けを求める必要があるのかについて話を聞きました。

詳しく読む

データ準備時間を90%削減する金属造形用サポート

Kirsten Van Praet
7月 20, 2018

金属AM業界が成長し、ますます複雑な製品が3Dプリントされていくにつれ、自動化されたプロセスを造形・製造過程へ導入する必要性がでてきました。部品を十分に固定して反りを防止し、同時に取り外しが容易なサポート構造を作成するには、壮大な時間がかかります。特に複雑な形状の部品は、十分なサポートを各面に生成しなければ部品の欠陥や造形失敗を引き起こす可能性があるため、徹底的にサポート生成の準備をする必要があり、さらなる時間と労力をサポート生成へ費やし、結果、生産性の低下もし兼ねません。Materialise e-Stage for Metalを使用して、サポート生成時間の削減を可能にしてみませんか?

詳しく読む

国内3Dプリントのパイオニア、コイワイの目指す次なる3Dプリント事業とは

Kirsten Van Praet
7月 24, 2017

自動車部品の鋳物を中心に事業展開しているコイワイは、日本国内でいち早く金属3Dプリンターを取り入れるなど、積極的な投資で鋳造・金属部品製造業界の技術革新をリードしてきました。そんな彼らが次に目指すのは、緻密な生産管理にもとづいた3Dプリント製造ラインの立ち上げと、3Dプリントの価値を本当に活かしたものづくり。その目標達成に向け、マテリアライズのソフトウェアも一役買っています。

詳しく読む

高機能3Dプリント用ソフトで実現、トヨタの軽量カーシート

Yui Takahara
11月 03, 2015

"I want to make a prototype of a car seat with as small volume as possible and lightweight yet with optimal heat capacity." Toyota Motor Corporation and Toyota Central Research Institute gave Materialize engineers a challenging request. It was a difficult task to design innovative seats while handling very large capacity 3D data, but materialized engineering team jumped to this project happily.

詳しく読む