タグ付きの記事を表示 "Software"

新型コロナウイルスのパンデミック中でもAMの生産性を維持する5つの方法

Madeleine Fiello
3月 26, 2020

世界中で新型コロナウイルスの感染が広がる中、在宅勤務をしたり社会的隔離を実施することは重要です。しかし、それはAMの生産性を下げることにはつながりません。このような困難な状況でも、生産性を維持するヒントを考えてみました。

詳しく読む

金属造形向けアカデミーから学べる5つのこと

Madeleine Fiello
1月 21, 2020

3D プリント業界外からマテリアライズに転職してきた社員から見た、金属造形向けアカデミーの利点をまとめてみました。今回参加したアカデミーには、様々なバックグラウンドを持ったお客様が参加していましたが、参加者にとって、何が学べるのかを体験してきましたのでご紹介します。

詳しく読む

世界最大のジェットエンジンの開発にMaterialise ソフトウェアが貢献した経緯

Jana Obermueller
8月 08, 2019

ボーイング社の次世代ジェット機777Xのために開発された世界最大のジェットエンジンGE9Xは、2018年3月にGEの飛行試験場で初飛行を行いました。その重要な3Dプリントされたタービン部品がどのようにMaterialiseソフトウェアソリューションを使用して作成されたか、また、これらの同じソリューションがどのようにIndustry 4.0の認証製造による量産支援したかご覧ください。

詳しく読む

データ準備に取り組む際に知っておくべき5つの基本的な修正機能

Kirsten Van Praet
1月 30, 2018

3Dモデルの設計や3D造形に携わった経験があれば、CADからSTLに変換した際に発生するファイル修正がいかに重要かはご存知でしょう。設計段階では完璧に見えるファイルもいざ造形を開始すると失敗に陥ることもしばしば。エラーは簡単に見過ごされ、そのため、STL編集ソフトウェアが造形時の問題を回避し、造形成功をするために力を発揮するのです。理想的に造形可能な3Dモデルを得るためのファイルの修正や編集ツールをご紹介します: これらはすべてMaterialise Magicsに含まれる機能です。

詳しく読む

マテリアライズと業務提携のシーメンスが、今3Dプリントに注力する理由

Yui Takahara
1月 19, 2017

製品ライフサイクル管理(PLM)や製品オペレーション管理(MOM)ソフトウェアの開発を通じて、製造業のデジタル化をリードするシーメンスPLMソフトウェア社。同社とマテリアライズは、大量生産のプロセスと3Dプリントをシームレスに融合させた次世代ものづくりを加速させるべく、2017年1月6日に業務提携を正式発表したばかりです。それに先駆けて行われた同社へのインタビューでは、AMで進化するこれからの製造業への展望を語っていただきました。

詳しく読む

ウェビナーで学ぶ、THA後の大腿骨有限要素モデルの構築と骨リモデリングの解析

Yui Takahara
11月 28, 2016

Dr. Plumdita Jonas Aditya, Department of Mechanical Systems Engineering , Faculty of Engineering , Niigata University, is an expert in impact engineering and biomechanics. Dr. Mimics , a software for biomedical engineering by Materialize, was included in the research of the teacher who adopted finite element analysis (FEA) aiming at design improvement and optimal position determination of total hip arthroplasty (THA) instruments, which is increasing in Japan. Innovation Suite for Research is  also active. This time, we will focus on the relationship between FEA and bio-medical engineering, and publish a detailed video of Dr. Plumdita's research ! This is a valuable lecture that can only be seen here.

詳しく読む

チタン製人工衛星用ジョイント部品、金属3Dプリントで66%軽量化

Yui Takahara
11月 28, 2016

人工衛星を軌道に乗せる際、その重量1kgあたりに約200万円もの費用がかかること、みなさんはご存知でしたか?だからこそ、重量最適化は宇宙探査機用のパーツを設計する際の最大の課題。ただし軽ければいいというものでももちろんなく、確かな強度や高い機能性も同時に要求されます。マテリアライズの3Dプリントサービス事業部がヨーロッパで3番目の規模を持つITサービス企業 Atos と共同で挑んだのは、チタン製人工衛星用ジョイント部品の「変革」。複雑な形状も難なく出力できる金属3Dプリントの強みを十分に活かし、新型パーツの重量を旧型と比べ66%削減することに成功しました。

詳しく読む

粉末焼結3Dプリント効率化に役立つMagics新バージョンの注目新機能2つ

Yui Takahara
11月 08, 2016

次世代製造業を担う企業が一堂に会するドイツの一大見本市「formnext」には、日本から参加する方も少なくありません。世界の主たる3Dプリント企業が集まるこの展示会には、マテリアライズもブースを構えます。このformnextに合わせ、マテリアライズは業界標準の3Dプリント準備ソフト「Materialise Magics」の新バージョン21を正式発表予定。既にベータテストを開始しているこの新バージョン21では、基本機能だけではなくモジュールもパワーアップしています。新バージョンの正式リリースを前に、今回のブログでは大量のパーツ自動配置で効率的な粉末焼結3Dプリントを実現する「Sinterモジュール」に加わった注目の新機能2つを紹介!

詳しく読む

新型3Dプリンターと材料の研究開発を強力に支援!「モノづくりマッチング」展、無料ワークショップで解説

Yui Takahara
10月 13, 2016

大企業の参入も相次ぐ新型3Dプリンター(AM装置)、新型材料の研究開発は、3Dプリント関連事業の中でも近年特に注目を集める分野。ただし既存のAM装置制御システムでは調整不可能な部分があるなど、制約も多いのが現状です。そこで今回AM装置・材料の研究開発に携わる皆様をサポートすべく、「モノづくりマッチング」展に合わせてマテリアライズのベルギー本社からエキスパートが来日。新型3Dプリント装置開発成功の決め手となる技術について、10月21日10:30から展示会内の無料ワークショップで解説します。

詳しく読む

最新バイオメディカル・ソフトウェア、無料で体験する3つの方法

Yui Takahara
9月 14, 2016

3Dプリントや3D画像技術処理用ソフトウェア技術がバイオメディカル分野に応用されるようになって久しいものの、実際の導入前にこうした最新ソフトウェア技術についてじっくりと学べる機会は意外と多くありません。今回のブログでは、世界のバイオメディカル・エンジニアに選ばれているソフトウェア「Materialise Mimics」の操作方法から活用事例まで全て無料で学べる3つの方法をご紹介。ご自分の手でソフトウェアを触ってじっくり体験したい方やエキスパートからの指導を受けたい方にも、まずはウェブ上で気軽に情報を集めたい方にも、ぴったりの方法が見つかるはずです。

詳しく読む