タグ付きの記事を表示 "Clinical"

3Dプリントに適した症例の確認

Todd Pietila
6月 26, 2019

These guidelines are furthermore influential as they will support new billing codes, called CPT codes, for Point-of-Care 3D Printing, which are due to implemented in July this year. These initial CPT codes make it possible to collect more data on the prevalence of 3D printing and for what cases it is used across U.S. hospitals and will ultimately pave the way for further reimbursement initiatives.

詳しく読む

世界のトップ病院への導入が進む医用3Dプリント

Todd Pietila
6月 11, 2019

Recently, many hospitals have started making a shift, from using medical images primarily for diagnostic purposes, to integrating them in patient-specific surgical planning. This has created enormous advantages for hospitals and their patients, and is largely supported by the expanding role of the radiologist as imaging expert.

詳しく読む

銃弾の貫通した肩甲骨再建、3Dプリンタ製インプラントで支援

Joyce Van den Broeck
9月 18, 2017

姪の結婚式翌日、結婚に反対していた新郎の父親による銃乱射事件に巻き込まれたナタリー・ドュッフォー・ダンジョンさん。左肩に銃弾を受けた彼女の運命を変えたのは、3Dプリンタ製のカスタムインプラントでした。

詳しく読む

メイヨー・クリニック、3Dプリントした骨模型をブロント病の骨切り治療計画に活用

Stephanie Benoit
6月 21, 2016

子供なら誰でも飛び跳ねたり、走り回るのが大好きなもの。しかし11歳の女の子アマラチ・オースティン・オコーにとっては、歩くのも一苦労でした。彼女が患っていたのは、脚の骨が正常に成長しない「ブロント病」と呼ばれる病。アマラチの治療を担当したメイヨー・クリニックのチームは彼女の脚の骨を正確に3Dモデル化し、骨切り治療の計画策定に役立てました。

詳しく読む

3Dプリンタ製の脊椎模型で、先天性脊椎側弯症手術を「見える」化

Liesbeth Kemel
4月 06, 2016

先天性脊柱後側弯症を患い、生まれつき曲がった脊椎を持って生まれて来たイギリス、ウェールズ出身の8歳の女の子。彼女の治療を担当したアルダー・ヘイ子ども病院の脊椎専門外科チームは患者のCTスキャンをもとに脊椎模型を3Dプリントし、治療計画策定に役立てました。

詳しく読む