タグ付きの記事を表示 "Clinical"

3Dプリントに適した症例の確認

Todd Pietila
6月 26, 2019

2018年11月、北米放射線学会 (RSNA) の 3Dプリント分科会 (SIG) は、 ポイント・オブ・ケア3Dプリンティング(院内3Dプリント)を対象として、ガイドラインとその適用症例を発表しました。

詳しく読む

世界のトップ病院への導入が進む医用3Dプリント

Todd Pietila
6月 11, 2019

近年、米国の病院においては、医用画像を診断のために使用するだけでなく、各患者に合った手術計画を行うために活用することが増えています。 この変化は、病院と患者に大きなメリットを生み出しています。そして、そのために医用画像の専門家である放射線科医や放射線技師が果たす役割が大きくなってきています。

詳しく読む

銃弾の貫通した肩甲骨再建、3Dプリンタ製インプラントで支援

Joyce Van den Broeck
9月 18, 2017

姪の結婚式翌日、結婚に反対していた新郎の父親による銃乱射事件に巻き込まれたナタリー・ドュッフォー・ダンジョンさん。左肩に銃弾を受けた彼女の運命を変えたのは、3Dプリンタ製のカスタムインプラントでした。

詳しく読む

メイヨー・クリニック、3Dプリントした骨模型をブロント病の骨切り治療計画に活用

Stephanie Benoit
6月 21, 2016

子供なら誰でも飛び跳ねたり、走り回るのが大好きなもの。しかし11歳の女の子アマラチ・オースティン・オコーにとっては、歩くのも一苦労でした。彼女が患っていたのは、脚の骨が正常に成長しない「ブロント病」と呼ばれる病。アマラチの治療を担当したメイヨー・クリニックのチームは彼女の脚の骨を正確に3Dモデル化し、骨切り治療の計画策定に役立てました。

詳しく読む

3Dプリンタ製の脊椎模型で、先天性脊椎側弯症手術を「見える」化

Liesbeth Kemel
4月 06, 2016

先天性脊柱後側弯症を患い、生まれつき曲がった脊椎を持って生まれて来たイギリス、ウェールズ出身の8歳の女の子。彼女の治療を担当したアルダー・ヘイ子ども病院の脊椎専門外科チームは患者のCTスキャンをもとに脊椎模型を3Dプリントし、治療計画策定に役立てました。

詳しく読む