タグ付きの記事を表示 "Medical"

日本での院内3Dプリンティングサービスの導入と運営

Shoko Ohashi
10月 12, 2021

日本ではまだ数が少ないセンター化された院内の3Dプリンティングサービス。北海道大学病院では、2003年に「歯科技工室」が「生体技工部」へと改編され、その後、生体技工部に3Dプリンターが設置されるようになりました。そして現在では、生体技工部が歯科分野だけではなく医科分野も含め、院内全体の3Dモデル作製を担っています。年間の製作依頼件数は、年々増加し2020年には180件以上となりました。 当院の3Dラボの本格的なスタートは、2013年にさかのぼります。3Dラボ導入の経緯から、現在までの8年間について、生体技工部の西川圭吾さんにお話を伺いました。

詳しく読む

FEops社の心臓構造計画を加速させた自動化とは

FEops has grown from a small academic spin-off to an internationally recognized team of almost 40, with its latest CE-marked structural heart planning service available in the EU, UK, Canada, and Australia. But such growth does not come without its challenges. We spoke with co-founder and CTO Peter Mortier to learn how the FEops team used automated tools within the Mimics Innovation Suite to meet these challenges.

詳しく読む

画期的な両手・顔面の移植を支えた3D技術

Alex Pinkie
7月 02, 2021

複雑な医療事例を解決するための3D技術の価値は、他に類を見ないものです。NYU Langone Healthの臨床医チームは、MaterialiseのCLE、3Dプランニング、3Dガイドの助けを借りて、両手と顔の移植を成功させ、Joe DiMeo氏は新たな人生のチャンスを得ることができました。

詳しく読む

2021年、医療現場における3Dプリントの6つのトレンド

COVID-19 のパンデミックは、ヘルスケアを再考し、再構築する必要性を明確に示しました。同時に、この危機は、危機的なニーズに対応するために3Dプリントを採用する医療施設が増加し続けています。

詳しく読む

医療施設での持続可能な3Dプリンティングプログラムの構築

Clara Nguyen
12月 07, 2020

北欧の主要病院の講演から、ポイントオブケア(臨床現場)での3Dプリンティングプログラムを構築するための3つのポイントをご紹介します。

詳しく読む

院内3Dラボの開始とスケールアップの方法

Elizabeth Boorman
10月 14, 2020

プリンティング(院内3Dプリント)には、パンデミック時の迅速な即席対応から臨床の質、研究やイノベーションまで、多くのメリットがあります。これらの院内医療サービスを立ち上げた医療従事者が、病院での3Dプランニングや3Dプリントの開始方法やスケールアップ方法について語っています。

詳しく読む

De Sabadell病院の3Dラボ 最適な治療効果を得るための外科治療の変革

Simon Vanooteghem
7月 22, 2020

スペインのバルセロナ近郊のサバデルに位置するサバデル病院(Hospital Parc Tauli)は、大学の附属病院であり、研究開発機関としても高く評価されています。様々な医療サービスや専門ユニットを通じた患者ケアを提供するだけでなく、病院は新しい発想から、検証、革新まで導く先駆者であり、現在は800以上の研究プロジェクトを実施しています。

詳しく読む

シアトルチルドレンズ病院、StratasysやMaterialiseと協力してCOVID-19の資源不足に対応

Todd Pietila
5月 11, 2020

シアトルチルドレンズ病院の改善部門では、職員が患者、家族、およびチームメンバーにサービスを提供するためにより良い方法を見つけることを支援しています。この共有リソースは、組織全体に広がり、コーチング、コンサルティング、設計エンジニアリング、教育、プロジェクト管理、シミュレーションなどのサービスが含まれます。COVID-19の感染拡大の中で、チームがどのように協力して資源不足に対応したか、ご紹介します。

詳しく読む

Passive NIP: 「その素晴らしさはシンプルであること」 - ルーベン大学病院

Caroline Collard
4月 29, 2020

重度の呼吸器系の問題がある患者のために、当院では単純な酸素マスクと挿管のギャップを埋める新しく使いやすいソリューションの臨床試験を主導してきました。

詳しく読む

3Dプリントされた非侵襲のPEEPマスク 人工呼吸器の不足を軽減

Brigitte de Vet
4月 06, 2020

コロナウイルス感染が急速に拡大し続けており、世界中の病院では、供給不足になっている人工呼吸器が切実に必要とされています。 標準の医療機器をまとめて保持する3Dプリントコネクタを設計することにより、人工呼吸器を使用せずに酸素を供給し、高陽圧を生成するソリューションを開発しました。 これはMaterialise Passive NIPと名付けられています。現在、この危機の最中、できるだけ早く利用できるようにするため、薬事の規制プロセスを得ている最中です。

詳しく読む