タグ付きの記事を表示 "Medical"

3Dプリントされた非侵襲のPEEPマスク 人工呼吸器の不足を軽減

Brigitte de Vet
4月 06, 2020

コロナウイルス感染が急速に拡大し続けており、世界中の病院では、供給不足になっている人工呼吸器が切実に必要とされています。 標準の医療機器をまとめて保持する3Dプリントコネクタを設計することにより、人工呼吸器を使用せずに酸素を供給し、高陽圧を生成するソリューションを開発しました。 これはMaterialise Passive NIPと名付けられています。現在、この危機の最中、できるだけ早く利用できるようにするため、薬事の規制プロセスを得ている最中です。

詳しく読む

高速かつ高い信頼性:COVID-19による危機的状況下でMedTechがもたらした解決策

Brigitte de Vet
4月 01, 2020

COVID-19の感染が拡大する中で、3Dプリンティングは、想像力を結集することによって、世界中でその力を発揮しています。 

詳しく読む

2020年のヘルスケア市場: Point-of-Care 3Dプリンティング(院内3Dプリンティング)のトレンド

Todd Pietila
3月 30, 2020

3Dプリントを採用する病院やクリニックが急速に増えています。3D技術は以前よりも利用しやすくなり、それによる病院と患者へのメリットが明らかになってきています。そのため、より個人に合ったヘルスケアを現実的なものとしていくために、今後も3Dプリント設備にリソースを投資する施設が増えていくと思われます。

詳しく読む

Materialise C&V meeting 報告

Shoko Ohashi
11月 19, 2019

9月7日土曜日、循環器領域の先生方にお集まりいただき、Materialise C&V meetingを開催しました。循環器領域での3Dシミュレーションや3Dモデル活用が広がる中で、日本での導入や活用の実際とは。それらを日頃から活用している先生方に活用の工夫を共有いただきました。また、特別講演として、循環器領域の生体力学について研究をされている大阪大学 大学院基礎工学研究科 機能創成専攻の大谷先生に、「4D医用画像から心臓の中の流れを計算する」と題してお話いただきました。医用画像から心臓の中の流れを計算する上での難しさやその解決法とは。そして、そこでMimicsはどのように活用されたのでしょうか。

詳しく読む

世界のトップ病院への導入が進む医用3Dプリント

Todd Pietila
6月 11, 2019

Recently, many hospitals have started making a shift, from using medical images primarily for diagnostic purposes, to integrating them in patient-specific surgical planning. This has created enormous advantages for hospitals and their patients, and is largely supported by the expanding role of the radiologist as imaging expert.

詳しく読む

Materialise Medical Congress Japan 講演報告Vol.1

Shoko Ohashi
6月 05, 2019

「側弯症矯正手術におけるバイオメカニクス:有限要素(FE)モデルによる高生体適合型インプラントの開発」

我汝会えにわ病院 整形外科 安倍雄一郎先生

詳しく読む

2019年トレンドスポッター : 院内3Dプリント(ポイント・オブ・ケア3Dプリンティング)に注目

Todd Pietila
1月 29, 2019

2018 was a big year for Point-of-Care 3D printing, with thousands of patients helped and major milestones achieved. We expect this trend to continue in 2019, further increasing access to 3D printing for clinicians and enabling more patients to benefit.

詳しく読む

銃弾の貫通した肩甲骨再建、3Dプリンタ製インプラントで支援

Joyce Van den Broeck
9月 18, 2017

姪の結婚式翌日、結婚に反対していた新郎の父親による銃乱射事件に巻き込まれたナタリー・ドュッフォー・ダンジョンさん。左肩に銃弾を受けた彼女の運命を変えたのは、3Dプリンタ製のカスタムインプラントでした。

詳しく読む

3Dプリンタ製腎臓モデルで治療方針決定プロセスはどう変わる?NYU医学部の研究結果

Yui Takahara
5月 29, 2017

3Dプリントされた腎臓模型の使用が、最適な治療方針の決定を助ける――。そんな事実がNYU(ニューヨーク大学)医学部で行われた泌尿器科領域の最新研究で明らかになりました。研究の中では3Dプリント臓器モデルを手に取った医師が手術から侵襲性の低い方法へ治療方針を変更するケースも見られ、3D臓器モデルが患者第一のヘルスケア実現を助けることが示唆されています。

詳しく読む

NHKでも特集!5300年前のミイラ「アイスマン」が3Dプリントで蘇るまで

Yui Takahara
3月 08, 2017

アルプス山中で殺害され、死後5300年もの間氷河の中で眠っていた男性のミイラ「アイスマン」。このミイラの研究を通じて石器時代後期の人々の生活や文化、健康状態が明らかになってきたものの、彼の死因を含め未だ多くの謎が残っているのも事実です。

今月11日(土)にNHK で放送される「よみがえるアイスマン~科学とアートが明かす謎~」は3Dプリンターを用いたアイスマンの実物大レプリカ作成過程を追ったドキュメンタリー。研究者やアーティストと共にこの一大プロジェクトを任されたマテリアライズは、どうやって超精巧なレプリカを3Dプリント可能にしたのでしょう?番組放送前にその舞台裏を少しだけお伝えします。

詳しく読む