CADとメッシュのメリットを生かしたデータ準備をMagicsで実現

Lieve Boeykens
11月 17, 2021

CADとメッシュ、どちらが優れているかという議論に関して、実際のところ、最適なデータ作成ワークフローにはどちらも必要です。そこで、この2つをMateriaise Magicsでデータ編集ができるようになりました。

詳しく読む

Materialise Magicsのユーザー事例: SOLIZE株式会社

Jonathan Cooper, Gakuto Ochi
10月 20, 2021

SOLIZE株式会社 (ソライズ)は1990年に設立、東京に本社を置く、デザイン;設計から試作、生産準備に至るまでの製品開発を支援するエンジニアリング企業です。同社のAM事業におけるMaterialiseの役割について、デジタルマニュファクチャリングサービス事業部の太田亨氏(AMサービスビューロー部部長)と乃村嘉裕氏(AMシステム部部長)にお話を伺いました。

詳しく読む

Materialise Magicsのユーザー事例: Zenith Tecnica社

2014年に設立された Zenith Tecnica社は、ニュージーランドに拠点を置く、チタンの3Dプリントに特化した契約メーカーです。設立からわずか7年で、この業界のリーダーとしての地位を確立しています。短期間で驚異的な成長を遂げた中で、Materialise Magicsの役割について会話しました。

詳しく読む

自動車におけるAMのデザイン:Hyundai が受賞したモデル

Madeleine Fiello
7月 29, 2021

3Dプリントは、そのスピード、デザイン性、コスト効率の良さから人気の製造技術です。これらの利点をうまく活用するには、デザインをアディティブ・マニュファクチャリング用に最適化するしかありません。HyundaiがどのようにしてAMデザインコンテストで優勝したのかをご紹介します。

詳しく読む

アディティブ・マニュファクチャリングを拡大させる

80%ものメーカーがすでにアディティブ・マニュファクチャリング技術を導入して、プロトタイプの作成や技術革新を行っています。今後、アディティブ・マニュファクチャリングを製造プロセスの中核に据えるためには、どのようにビジネスを拡大すればよいのでしょうか。

詳しく読む

マテリアライズとHP社、ユーザーによるAMプロセスのコントロールを強化

Madeleine Fiello
10月 05, 2020

マテリアライズとHP社はFormnextの場において、プロセスコミュニケーションの強化、デジタル著作権管理、HPデジタルマニュファクチャリンネットワーク(DMN)について話し合いました。ユーザーによる、AMプロセスのコントロールをさらに可能にすることで、マテリアライズとHP社は、生産性とセキュリティが劇的に向上すると考えています。

詳しく読む

パーツ配置の最適化が不可欠な3つの理由と実現方法

Madeleine Fiello
9月 03, 2020

パーツ配置(造形パーツをプラットフォーム内に3次元的に配置する作業)は、レーザー焼結(SLS)やマルチジェットフュージョン(MJF)造形の準備工程における重要な作業です。パーツ配置の作業工程は、テトリスゲームに似ており、可能な限り多くのパーツを造形領域内に詰め、パーツの品質を確保しながらも材料粉末を効率的に使用できるような高密度のパーツ配置を目的としています。そのような利点を最大限に生かす為に、アディティブマニュファクチャリング(AM)の造形現場がパーツ配置作業を最適化する方法と必要性をお伝えします。

詳しく読む

新型コロナウイルスのパンデミック中でもAMの生産性を維持する5つの方法

Madeleine Fiello
3月 26, 2020

世界中で新型コロナウイルスの感染が広がる中、在宅勤務をしたり社会的隔離を実施することは重要です。しかし、それはAMの生産性を下げることにはつながりません。このような困難な状況でも、生産性を維持するヒントを考えてみました。

詳しく読む

金属造形向けアカデミーから学べる5つのこと

Madeleine Fiello
1月 21, 2020

3D プリント業界外からマテリアライズに転職してきた社員から見た、金属造形向けアカデミーの利点をまとめてみました。今回参加したアカデミーには、様々なバックグラウンドを持ったお客様が参加していましたが、参加者にとって、何が学べるのかを体験してきましたのでご紹介します。

詳しく読む