UCSFの実例: AR、VR、および3Dプリンティングが放射線科と外科のギャップを埋める

Todd Pietila
1月 15, 2020

拡張現実(AR)、バーチャルリアリティ(VR)、3Dプリンティングなどの3D技術は、2Dディスプレイの3D画像で見るよりも多くの情報を提供するため、UCSF(カリフォルニア大学サンフランシスコ校)の外科手術計画において重要なツールとなっています。 

詳しく読む

Materialise C&V meeting 報告

Shoko Ohashi
11月 19, 2019

9月7日土曜日、循環器領域の先生方にお集まりいただき、Materialise C&V meetingを開催しました。循環器領域での3Dシミュレーションや3Dモデル活用が広がる中で、日本での導入や活用の実際とは。それらを日頃から活用している先生方に活用の工夫を共有いただきました。また、特別講演として、循環器領域の生体力学について研究をされている大阪大学 大学院基礎工学研究科 機能創成専攻の大谷先生に、「4D医用画像から心臓の中の流れを計算する」と題してお話いただきました。医用画像から心臓の中の流れを計算する上での難しさやその解決法とは。そして、そこでMimicsはどのように活用されたのでしょうか。

詳しく読む

なぜ今、医療施設がポイント・オブ・ケア(院内)3Dプリンティングに注目するのか

Elizabeth Boorman
7月 17, 2019

触覚的に認識できること、電子カルテに統合できること、画面を使わずに患者と向き合って話ができること。「3D Printing in Medicine Course」で、病院が院内に3Dプリンティング設備を持つようになってきている理由について、議論されました。2019年6月13日と14日にベルギーのルーベンにあるMミュージアムで開催されたこのイベントには、病院で医用画像データの解剖モデル化に携わる臨床医、医用画像の専門家、エンジニア、その他の専門家が一堂に会し、この分野をさらに発展させるための学びや知見、事例を共有しました。

詳しく読む

3Dプリントに適した症例の確認

Todd Pietila
6月 26, 2019

2018年11月、北米放射線学会 (RSNA) の 3Dプリント分科会 (SIG) は、 ポイント・オブ・ケア3Dプリンティング(院内3Dプリント)を対象として、ガイドラインとその適用症例を発表しました。

詳しく読む

世界のトップ病院への導入が進む医用3Dプリント

Todd Pietila
6月 11, 2019

近年、米国の病院においては、医用画像を診断のために使用するだけでなく、各患者に合った手術計画を行うために活用することが増えています。 この変化は、病院と患者に大きなメリットを生み出しています。そして、そのために医用画像の専門家である放射線科医や放射線技師が果たす役割が大きくなってきています。

詳しく読む

Materialise Medical Congress Japan 講演報告Vol.1

Shoko Ohashi
6月 05, 2019

「側弯症矯正手術におけるバイオメカニクス:有限要素(FE)モデルによる高生体適合型インプラントの開発」

我汝会えにわ病院 整形外科 安倍雄一郎先生

詳しく読む

2019年トレンドスポッター : 院内3Dプリント(ポイント・オブ・ケア3Dプリンティング)に注目

Todd Pietila
1月 29, 2019

2018年は、ポイント・オブ・ケア 3Dプリンティング(院内3Dプリント), にとって重要な一年でした。欧米のマテリアライズでは、院内3Dプリントを通して数千人の患者の治療をサポートし、画期的な成果をあげました。 私たちは、2019年以降、手術計画に3Dシミュレーションや3Dプリントを利用する医師や施設がさらに増え、一層多くの患者治療に活かされることを期待しています。

詳しく読む

銃弾の貫通した肩甲骨再建、3Dプリンタ製インプラントで支援

Joyce Van den Broeck
9月 18, 2017

姪の結婚式翌日、結婚に反対していた新郎の父親による銃乱射事件に巻き込まれたナタリー・ドュッフォー・ダンジョンさん。左肩に銃弾を受けた彼女の運命を変えたのは、3Dプリンタ製のカスタムインプラントでした。

詳しく読む

3Dプリンタ製腎臓モデルで治療方針決定プロセスはどう変わる?NYU医学部の研究結果

Yui Takahara
5月 29, 2017

3Dプリントされた腎臓模型の使用が、最適な治療方針の決定を助ける――。そんな事実がNYU(ニューヨーク大学)医学部で行われた泌尿器科領域の最新研究で明らかになりました。研究の中では3Dプリント臓器モデルを手に取った医師が手術から侵襲性の低い方法へ治療方針を変更するケースも見られ、3D臓器モデルが患者第一のヘルスケア実現を助けることが示唆されています。

詳しく読む

NHKでも特集!5300年前のミイラ「アイスマン」が3Dプリントで蘇るまで

Yui Takahara
3月 08, 2017

アルプス山中で殺害され、死後5300年もの間氷河の中で眠っていた男性のミイラ「アイスマン」。このミイラの研究を通じて石器時代後期の人々の生活や文化、健康状態が明らかになってきたものの、彼の死因を含め未だ多くの謎が残っているのも事実です。

今月11日(土)にNHK で放送される「よみがえるアイスマン~科学とアートが明かす謎~」は3Dプリンターを用いたアイスマンの実物大レプリカ作成過程を追ったドキュメンタリー。研究者やアーティストと共にこの一大プロジェクトを任されたマテリアライズは、どうやって超精巧なレプリカを3Dプリント可能にしたのでしょう?番組放送前にその舞台裏を少しだけお伝えします。

詳しく読む