シアトルチルドレンズ病院、StratasysやMaterialiseと協力してCOVID-19の資源不足に対応

Todd Pietila
5月 11, 2020

シアトルチルドレンズ病院の改善部門では、職員が患者、家族、およびチームメンバーにサービスを提供するためにより良い方法を見つけることを支援しています。この共有リソースは、組織全体に広がり、コーチング、コンサルティング、設計エンジニアリング、教育、プロジェクト管理、シミュレーションなどのサービスが含まれます。COVID-19の感染拡大の中で、チームがどのように協力して資源不足に対応したか、ご紹介します。

詳しく読む

3Dプリントされた非侵襲のPEEPマスク 人工呼吸器の不足を軽減

Brigitte de Vet
4月 06, 2020

コロナウイルス感染が急速に拡大し続けており、世界中の病院では、供給不足になっている人工呼吸器が切実に必要とされています。 標準の医療機器をまとめて保持する3Dプリントコネクタを設計することにより、人工呼吸器を使用せずに酸素を供給し、高陽圧を生成するソリューションを開発しました。 これはMaterialise Passive NIPと名付けられています。現在、この危機の最中、できるだけ早く利用できるようにするため、薬事の規制プロセスを得ている最中です。

詳しく読む

高速かつ高い信頼性:COVID-19による危機的状況下でMedTechがもたらした解決策

Brigitte de Vet
4月 01, 2020

COVID-19の感染が拡大する中で、3Dプリンティングは、想像力を結集することによって、世界中でその力を発揮しています。 

詳しく読む

2020年のヘルスケア市場: Point-of-Care 3Dプリンティング(院内3Dプリンティング)のトレンド

Todd Pietila
3月 30, 2020

3Dプリントを採用する病院やクリニックが急速に増えています。3D技術は以前よりも利用しやすくなり、それによる病院と患者へのメリットが明らかになってきています。そのため、より個人に合ったヘルスケアを現実的なものとしていくために、今後も3Dプリント設備にリソースを投資する施設が増えていくと思われます。

詳しく読む

COVID-19影響下で、Point-of Care 3D Printing(院内3Dプリント)に求められること

Todd Pietila
3月 27, 2020

COVID-19 has placed a significant burden on healthcare systems around the globe that are straining to handle the volumes of ill patients requiring life-saving treatment. The shift in clinical priorities in response to the pandemic provides the opportunity for 3D-printing resources at the Point-of-Care, including software, equipment, and skilled personnel, to be used in other ways. 

詳しく読む

UCSFの実例: AR、VR、および3Dプリンティングが放射線科と外科のギャップを埋める

Todd Pietila
1月 15, 2020

拡張現実(AR)、バーチャルリアリティ(VR)、3Dプリンティングなどの3D技術は、2Dディスプレイの3D画像で見るよりも多くの情報を提供するため、UCSF(カリフォルニア大学サンフランシスコ校)の外科手術計画において重要なツールとなっています。 

詳しく読む

Materialise C&V meeting 報告

Shoko Ohashi
11月 19, 2019

9月7日土曜日、循環器領域の先生方にお集まりいただき、Materialise C&V meetingを開催しました。循環器領域での3Dシミュレーションや3Dモデル活用が広がる中で、日本での導入や活用の実際とは。それらを日頃から活用している先生方に活用の工夫を共有いただきました。また、特別講演として、循環器領域の生体力学について研究をされている大阪大学 大学院基礎工学研究科 機能創成専攻の大谷先生に、「4D医用画像から心臓の中の流れを計算する」と題してお話いただきました。医用画像から心臓の中の流れを計算する上での難しさやその解決法とは。そして、そこでMimicsはどのように活用されたのでしょうか。

詳しく読む

なぜ今、医療施設がポイント・オブ・ケア(院内)3Dプリンティングに注目するのか

Elizabeth Boorman
7月 17, 2019

触覚的に認識できること、電子カルテに統合できること、画面を使わずに患者と向き合って話ができること。「3D Printing in Medicine Course」で、病院が院内に3Dプリンティング設備を持つようになってきている理由について、議論されました。2019年6月13日と14日にベルギーのルーベンにあるMミュージアムで開催されたこのイベントには、病院で医用画像データの解剖モデル化に携わる臨床医、医用画像の専門家、エンジニア、その他の専門家が一堂に会し、この分野をさらに発展させるための学びや知見、事例を共有しました。

詳しく読む

3Dプリントに適した症例の確認

Todd Pietila
6月 26, 2019

These guidelines are furthermore influential as they will support new billing codes, called CPT codes, for Point-of-Care 3D Printing, which are due to implemented in July this year. These initial CPT codes make it possible to collect more data on the prevalence of 3D printing and for what cases it is used across U.S. hospitals and will ultimately pave the way for further reimbursement initiatives.

詳しく読む

世界のトップ病院への導入が進む医用3Dプリント

Todd Pietila
6月 11, 2019

Recently, many hospitals have started making a shift, from using medical images primarily for diagnostic purposes, to integrating them in patient-specific surgical planning. This has created enormous advantages for hospitals and their patients, and is largely supported by the expanding role of the radiologist as imaging expert.

詳しく読む