Yui Takahara 3月 12, 2015
イベント会場となるブリュッセル・スクエア

イベント会場となるブリュッセル・スクエア

今年はマテリアライズにとって特別な年。というのもこの会社が一台の3Dプリンタと共に産声をあげたのが1990年、ちょうど25年前の事だったから。この節目の年、マテリアライズは3Dプリントの未来を考える国際会議「マテリアライズ・ワールド・カンファレンス(MWC)」3Dプリントをテーマにした展示会をブリュッセルで同時開催!今日はその見所を凝縮してお伝えします。日本からご参加の方は一部参加が無料になる特典も。詳しくは続きをお読みください。

 

マテリアライズ・ワールド・カンファレンス(MWC)

 

MWCはエンジニア、デザイナー、医用生体工学のプロからドクターまで、3Dプリント技術の発達を担うリーダーを世界から招いて開催する国際カンファレンス。下記の2日間にわたってベルギーの首都ブリュッセルで開催されます。 日時:2015年4月23日(木)、24日(金) 場所:ブリュッセル・スクエア MWCには大きく分けて4つのカテゴリーが用意されています。

 

  1.積層造形サミット(Additive Manufacturing Summit)

 アディダスのエンジニアやマツダ・モーター・ヨーロッパのデザイナーなどが3Dプリントを用いた先進的なものづくりの例を紹介します。

プロトタイプから最終製品まで、製造業で用いられるのは珍しくなくなった3Dプリント。アディダスのエンジニアやマツダ・モーター・ヨーロッパのデザイナーなどが3Dプリントを用いた先進的なものづくりの例を紹介します。 他にも3Dプリントはどんな未来のビジネス形態を可能にするのか?3Dプリントが経済にもたらす影響とは?環境への配慮は?などホットなテーマの講演が盛りだくさん。サービスビューローを経営者の方にも最適なサミットです。 >>プログラムを詳しく見る  

 

2.Mimicsイノベーション・スイートサミット(Mimics Innovation Suite Summit)

 

CTやMRIで撮られた二次元の画像を三次元化する事で、生体工学の発展に貢献し続ける画像診断装置Mimicsイノベーション・スイート。他にも生体情報の定量化、三次元画像を用いた治療計画立案などにも幅広く利用されています。 このサミットではMimics Innovation Suite や3Dプリント技術が実際どんな形で医療、研究の現場で用いられているのか詳しくご紹介。大学教授、ドクターから生体工学エンジニアまで様々なスピーカーによるセッションをご用意しています。

>>プログラムを詳しく見る  

 

3.共につくるヘルスケアの未来(Co-Engineering the Future of Healthcare)

 共につくるヘルスケアの未来スピーカー

 

整形外科や口腔外科の世界では既に3Dプリントや三次元画像化技術が広く用いられ、新しいヘルスケアのかたちを可能にしています。マテリアライズ創業者ウィルフリード・ヴァンクランも「ヘルスケア分野によるエンジニアリング技術の応用」について講演予定。 こちらのカテゴリーでカンファレンスにいらっしゃる方は、4月24日金曜日の夜にはマテリアライズ本社(ルーベン市内)の3Dプリント施設見学ツアーにもご参加いただけます。

>>プログラムを詳しく見る  

 

4.あなたのための3Dプリント(3D Printing Brought to You)

 あなたのための3Dプリント

 

3Dプリント技術の進化で、個人デザイナーや消費者もアイデアをモノに換えられる時代がやってきました。マテリアライズも3Dプリント技術を消費者に開かれたものとすべく、個人向け3Dプリントサービスi.materialiseを運営しています。 我々一人ひとりの消費スタイルにも変化を与える3Dプリント。その最前線に立つファッションデザイナーやジュエリーデザイナー等を講師に招いて開催するサミットです。 こちらのカテゴリーのみ、24日金曜日・25日土曜日の開催です。

>>プログラムを詳しく見る  

 

日本からも以下の二名の方を講演者としてお招きしています。 豊田中央研究所 川本敦史氏

豊田中央研究所 川本敦史氏

最新のトポロジー最適化(設計空間に加わる一定の荷重の組み合わせと材料特性に基づき、指定した領域の重量を削減する)技術を用いて軽量かつ高い強度を持つカーシートのプロトタイプをデザインした川本氏のチーム。マテリアライズによって3Dプリントされたそのシートは、日本のメディアにも多く取り上げられました。MWCではこのプロジェクトについて詳しくご紹介いただく予定。4月23日、積層造形サミット内での講演。   獨協医科大学越谷病院 泌尿器科 宋成浩教授

 

獨協医科大学越谷病院 泌尿器科 宋成浩教授

画像診断装置Mimicsイノベーションスイートを用いた排尿機能障害の原因解明についてお話いただきます。4月24日、Mimics イノベーション・スイートサミット内の講演。  

 

3Dプリント展「Making a difference, A difference in making」

3Dプリント展

 

マテリアライズ創業25周年を記念するもう一つの一大イベントが、3Dプリントをテーマとした展示会「Making a Difference, A difference in Making」。「違いの創作、創作の違い」とも訳せるこのイベントでは、3Dプリントの無限の可能性を思わせる様々な製品を4 月24日から6月7日まで一般に公開。3Dプリント技術を軸に「より良い健康な社会をつくる」事をミッションに歩んできたマテリアライズ創業25年間のストーリーが語られます。

 

One_Shot.GMX by Patrick Jouin
3Dプリント展で公開される予定のOne_Shot.GMX by Patrick Jouin

スペイン人建築家のマルタ・マレ=アレマニーをキュレーターに迎え、マテリアライズがプロデュースしたこの展示会。単なる流行としてではなく社会全体のあり方を変えうる技術としての3Dプリント、そして揺れ動くものづくり産業の未来を見つめ直します。

 

Fix3D bike frame by James Novak
こちらの自転車フレームも展示の予定。Fix3D bike frame by James Novak

会場は美術、音楽、ダンス等の文化イベントが多く開催される「芸術センターBOZAR」。ワールド・カンファレンスの会場すぐ隣です。展示物として一般に公開されるのは、MGXブランドのランプや3Dプリントサービスi.materialiseを通じて3Dプリントされたバイクフレームなど。3Dプリントに馴染みのない一般の方からプロのデザイナー、製造業に携わる方まで楽しめる内容となっています。その他の最新情報は http://a-difference-in-making.com で公開中。

 

098XYZ SHOE by Earl Stewart
098XYZ SHOE by Earl Stewart

最後に日本から参加される方に特別特典のご案内!日本国内のマテリアライズソフトウェアユーザー様(保守契約有効な方のみ)は、一社につき一名様無償でマテリアライズ・ワールド・カンファレンスにご参加いただけます。詳しくは小林 (製造業関係の方) または渡辺 (医療関係の方) までお問い合わせください。その他の参加者の方はこちらからご登録をお願いいたします。カンファレンス展示会、どちらも皆様にとって3Dプリントの最前線を肌で感じる良い機会になればと願っています。 日本からもたくさんの参加者様、お待ちしています!