Radhika Dhuru 5月 25, 2020

アディティブマニュファクチャリングはここ数年で大幅に成熟し、現在では本格的な、ほぼ主流に近い製造技術となってきています。しかし、それが定着してきたとはいえ、破壊的な可能性を失ったわけではありません。では、AMをビジネスに活用しようと考えた場合、どうすればいいのでしょうか?同じものを作るための別の方法として扱うのか、それとももっと大きなことを考えるのか。

私たちは、マテリアライズ・マインドウェアのSven Hermans氏とMathieu Cornelis氏に、何がAMへの素晴らしいスタートとなるのか、そしてなぜためらうことなく手助けを求める必要があるのかについて話を聞きました。

Materialise Mindware advisors

Materialise Mindwareのアドバイザーは、AMの成功への道筋を企業に導くお手伝いをします。

Sven, Mathieu - すぐに飛び込んでみよう。アディティブ・マニュファクチャリングにおける「正しいスタート」とはどのようなものでしょうか? その道のりとは?

Sven:AM に精通していても、すべてを知っているわけではありませんし、技術の進歩は非常に速いです。そのため、プロジェクトを学び、知識を移転する機会と捉えることは、本当に成功する戦略です。可能であれば、外部の専門家を活用しましょう。材料、プロセス、ソフトウェア、そしてその先の方向性についての専門家です。5年後、10年後の世界戦略を考えている大企業は、まだ存在しない技術を使って計画を立てることになりますが、軌道を予測し、それを計画に組み込むことができます。

また、組織内の異なる視点を取り入れることも有効です。相乗効果や大きなテーマを発見することができ、それが野心的な戦略となる可能性があります。また、ビジネス全体からのバイインを確保し、AMの知識が単一部門に留まらないようにすることもできます。学ぶのが早ければ早いほど、理解が深まり、AM戦略の成功につながります。

Mathieu: 3ヶ月間のプロジェクトでも、クライアントとの5年間のロードマップの開発でも、常に探査フェーズ、実験フェーズ、有効化フェーズがあり、その間にフィードバックのループがあります。探査フェーズは、ビジネス上の課題を明確にするだけでなく、自分の野心を明確にすることです。あなたのAMの夢は何ですか?その一環として、自分がやろうとしていることの範囲を明確にし、必要なAMの専門知識を得ることができます。

そこから実験を開始することができます。ここでは、市場分析も行い、ビジネスケースを構築します。そして最後には、セットアップやアウトソーシング、製造のスケールアップによって実装を開始することができる、意味のあるアプリケーションを手に入れることができます。一言で言えばこれです。

いつもそのようにいくものか?よく見かける新規参入者のミスとは?

Sven: AMプロジェクトが企業内でどのように、どこで発生するかによって、極端な短期主義や小さなコスト削減目標を追いかけることは、頻繁に起こる間違いです。これでは、AMを適切に使用することで得られる付加価値を考えることができません。 

別の製造プロセス用に設計された部品を単に印刷するのではなく、少し時間をかけて、その部品を少し違う方法で印刷することで、他にどのようなメリットが得られるのかを確認することが大切です。複数の部品を組み合わせてアセンブリを印刷できますか?軽くしたり、丈夫にしたり、機能性を追加して設計することはできますか?

Mathieu:もう一つよくある間違いは、すでに答えが見つかったと思って始めることで、すでに見つかったソリューションを実装すればいいだけだと思ってしまうことです。AMでx,y,zをやりたいと言ってきた人が、何度か質問した後に、彼らが解決しようとしているビジネス上の課題を発見して、他にもたくさんのチャンスが開けてくることがよくあります。私たちはいつも、「実際に何をしようとしているのか、どのような問題を解決しようとしているのか」と質問しています。 

なぜそのようなことをしているのかを理解するために時間を割くことは、あなたを遅らせることにはなりませんが、長期的には投資リスクを下げることになります。

Materialise Mindware advisors with 3D-printed part

業界の専門家と一緒にAMの目標を達成しましょう。

人々が気をつけるべき共通のテーマがあるのでしょうか。

Sven: AMは、ただ市販のものを取り出して実装するだけの技術ではありません。成功させるためには、本格的なノウハウが必要です。アディティブが経営陣の議題となり、イノベーション予算が戦略的に検討されるようになった今、装置ベンダーに行って単純に機械を購入することは非常に魅力的です。お金を出すだけで、アディティブ製造の能力を手に入れることができます。しかし、それは良いビジネスモデルやAMに適したアプリケーションを持っていることを意味しません。 

Mathieu: 技術で何をするかで違いが出てきます。私たちは、お客様が生産を外部のサービス・プロバイダーに外注するか、社内のAM施設に投資するかを選択できるようにサポートしています。 しかし、この「作るか買うか」の決断は、お客様のAM戦略を定義した後に行うことが非常に重要です。この順序が逆になってしまうことが多々あります。これは、運転の仕方を知らずに車を購入して、その車を走らせる道がないようなものです。しかし、ビジネスモデルやアプリケーションを正しく理解していなければ、大きな失望を受けることになります。しかし、ビジネスモデルやアプリケーションが正しくできていなければ、彼らは大きな失望を受けることになるでしょう。

これは、単に「造形」を行うだけではありません。当社のラピッドプロトタイピングサービスの一環として、30年前から、造形するためにパーツのファイルを人々から受け取っています。私たちはそれらを見て、評価し、時には再設計し、それらに最適な技術を選択してから造形します。しかし、AMでできることはもっともっとたくさんあります。そして、私たちは長年にわたり、人々ができることの「もっと」を発見できるように支援してきました。 良いニュースは、企業内でのAMの知識レベルが大幅に向上し、多くの企業がAMの旅を始めるために、より戦略的なアプローチを取っているということです。このことは、私たちの仕事にも変化をもたらしています。

"組織内の異なる視点を取り入れることが鍵となります。相乗効果や大きなテーマを発見し、それが野心的な戦略となる可能性があります。また、ビジネス全体からのバイインを確保し、AMの知識が単一の部門に留まらないようにすることもできます。学ぶのが早ければ早いほど、理解が深まり、AM戦略の成功につながります。”

どうやって?

Mathieu: 私たちは常に、人々が見つけたアプリケーションを最大限に活用できるように支援してきました。AMが提供するデザインの自由度を最大限に活用できるようにしたり、代替素材を提案したりしています。 

新製品のアイデアをお持ちの方には、私たちが指導します。市場や製品に対する要求を理解し、開発に踏み切る前にビジネスケースを探ります。ここまではいつも通りですね。

Sven: しかし最近では、「AMで何をすべきか」というようなオープンな質問や、「AM戦略を立てるのを手伝ってほしい、AMロードマップを定義して明確にしてほしい」というような要望を持った人が、アイデアを持たずに私たちのところに来ることが増えています。

そのためには、我々とは異なるアプローチが必要になります。明確さを追求し、アプローチをスコープし、一緒に計画を定義し、開発を行い、アイデアを開発から商業化まで、どのような形であれ、同じことを行います。それは必ずしも異なるものではありませんが、以前よりも大きくなっています。

私たちの仕事は、今でも明確にすることです。私たちが本当に得意としているのは、これまでに多くの異なる分野で多くのアプリケーションを見てきたからです。また、長年にわたってテクノロジーの進化を見てきたからです。

マインドウェアのアドバイザーに相談して、アディティブマニュファクチャリングを使用して競争力を高める方法を確認。(英語サイト)

Get in touch chevron_right