Yui Takahara 8月 11, 2016

毎年ベルギーで開催される野外音楽イベントTomorrowland(トゥモローランド)、皆さんはご存じでしょうか?今夏18万人もの参加者を集めたエレクトロニック・ダンス・ミュージック(EDM)の祭典Tomorrowlandは、大物DJが並ぶラインナップ、チケット完売スピード、おとぎの国のようなファンタジー感あふれるステージ演出、どれをとっても世界最大級。さらに毎年イベント開催前には参加者を盛り上げるプロモ映像が公開されます。今年のプロモ映像のテーマは “The Elixir of Life” ――不死の秘薬。このビデオに登場する小道具、魔法の指輪を3Dプリントしたのは、マテリアライズの造形チームでした。

3Dプリント最大の利点のひとつはデザインの自由度。まるで森の妖精が魔法で作り上げたように神秘的で自然、かつTomorrowlandのファンタジー感あふれる世界観にマッチする指輪の制作する上で、3Dプリントは最適の製造方法だったといえるでしょう。

 

Tomorrowlandとマテリアライズ、魔法の指輪を3Dプリント

 

2016年のイベントテーマ「不死の秘薬」は自然に大きくフォーカスを当てたもので、巨大な木をイメージした圧巻のメインステージにもそれが表れています。同じくビデオ用の小道具である指輪のデザインも自然からアイデアを得、絡みあった木の根をモチーフとして採用しました。

といっても森の妖精はそう簡単に見つけられるものではありません。魔法の指輪を制作するべくマテリアライズが代わりに使用したのは、光造形3Dプリンター。出力素材には樹脂が使われているものの、特殊な仕上げ加工で古びた金属のような風合いを与え、最後に装飾用の石を埋め込んで指輪が完成しました。ビデオをよく見れば、1:52のポイントで指輪が目隠し用のスカーフを束ねている様子がわかるはず。

 

Tomorrowlandとマテリアライズ、魔法の指輪を3DプリントTomorrowlandとマテリアライズ、魔法の指輪を3Dプリント

 

マテリアライズが手がけた最新の3Dプリント企画・プロジェクト詳細は、ケーススタディ一覧でも公開中。造形サービスや3Dプリント用ソフトウェアに関するご質問は、お問い合わせフォームからどうぞ。

カテゴリー 業界