Materialise Magicsのユーザー事例: SOLIZE株式会社

Jonathan Cooper, Gakuto Ochi
10月 20, 2021

SOLIZE株式会社 (ソライズ)は1990年に設立、東京に本社を置く、デザイン;設計から試作、生産準備に至るまでの製品開発を支援するエンジニアリング企業です。同社のAM事業におけるMaterialiseの役割について、デジタルマニュファクチャリングサービス事業部の太田亨氏(AMサービスビューロー部部長)と乃村嘉裕氏(AMシステム部部長)にお話を伺いました。

詳しく読む

日本での院内3Dプリンティングサービスの導入と運営

Shoko Ohashi
10月 12, 2021

日本ではまだ数が少ないセンター化された院内の3Dプリンティングサービス。北海道大学病院では、2003年に「歯科技工室」が「生体技工部」へと改編され、その後、生体技工部に3Dプリンターが設置されるようになりました。そして現在では、生体技工部が歯科分野だけではなく医科分野も含め、院内全体の3Dモデル作製を担っています。年間の製作依頼件数は、年々増加し2020年には180件以上となりました。 当院の3Dラボの本格的なスタートは、2013年にさかのぼります。3Dラボ導入の経緯から、現在までの8年間について、生体技工部の西川圭吾さんにお話を伺いました。

詳しく読む

FEops社の心臓構造計画を加速させた自動化とは

FEops has grown from a small academic spin-off to an internationally recognized team of almost 40, with its latest CE-marked structural heart planning service available in the EU, UK, Canada, and Australia. But such growth does not come without its challenges. We spoke with co-founder and CTO Peter Mortier to learn how the FEops team used automated tools within the Mimics Innovation Suite to meet these challenges.

詳しく読む

3Dプリンターと世界最速のソーラーレーシングカーの出会い

Cecilia Koshiikene
8月 17, 2021

レーシングカーのパーツを3Dプリントする場合、造形の専門知識だけでなく、複雑なデザインや人間工学の知識も必要となってきます。 Agoria Solar Teamは、Materialiseとパートナーシップを結び、エンジニアリング・サポートと3Dプリントにより高速で信頼性の高いソーラーカーを開発しました。

詳しく読む

Materialise Magicsのユーザー事例: Zenith Tecnica社

2014年に設立された Zenith Tecnica社は、ニュージーランドに拠点を置く、チタンの3Dプリントに特化した契約メーカーです。設立からわずか7年で、この業界のリーダーとしての地位を確立しています。短期間で驚異的な成長を遂げた中で、Materialise Magicsの役割について会話しました。

詳しく読む

自動車におけるAMのデザイン:Hyundai が受賞したモデル

Madeleine Fiello
7月 29, 2021

3Dプリントは、そのスピード、デザイン性、コスト効率の良さから人気の製造技術です。これらの利点をうまく活用するには、デザインをアディティブ・マニュファクチャリング用に最適化するしかありません。HyundaiがどのようにしてAMデザインコンテストで優勝したのかをご紹介します。

詳しく読む

削減し再考する: アディティブ・マニュファクチャリングによる廃棄物削減のための積極的なアプローチ方法

Iva Divic
7月 05, 2021

ここ数年、私たちはサステナビリティの目標を拡大してきました。2025年までに達成すべき重要な目標を定義し、長期的な戦略に沿った実行可能なステップを踏んでいます。「AMをより持続可能なものにするためには何ができるか」「最も持続可能な選択としてAMを適用するにはどうすればよいか」といった問いかけをすることで、私たち自身やお客様がより持続可能な力を得られるようなソリューションを設計・想像する新しい方法を模索しています。

詳しく読む

画期的な両手・顔面の移植を支えた3D技術

Alex Pinkie
7月 02, 2021

複雑な医療事例を解決するための3D技術の価値は、他に類を見ないものです。NYU Langone Healthの臨床医チームは、MaterialiseのCLE、3Dプランニング、3Dガイドの助けを借りて、両手と顔の移植を成功させ、Joe DiMeo氏は新たな人生のチャンスを得ることができました。

詳しく読む

ロークリティカルな航空機パーツからAMの可能性を引き出す

Siobhan McGonigle
6月 15, 2021

3Dプリントは、もはやラピッドプロトタイプのみのツールとはみなされていません。よりスマートで安価、かつ性能の高い最終製品を製造するための将来性のある方法として可能性を見出し始めています。航空機メーカー、MRO、航空局などが、ロークリティカルプラスチックパーツのためのAMの可能性をどのように実現しているかをご紹介します 。

詳しく読む

アディティブ・マニュファクチャリングを拡大させる

80%ものメーカーがすでにアディティブ・マニュファクチャリング技術を導入して、プロトタイプの作成や技術革新を行っています。今後、アディティブ・マニュファクチャリングを製造プロセスの中核に据えるためには、どのようにビジネスを拡大すればよいのでしょうか。

詳しく読む