3Dプリントハンズフリードアオープナーでコロナウイルスの拡散を遅らせる

Madeleine Fiello
5月 12, 2020

感染抑制には、腕を使いましょう。 コロナウイルスのさらなる拡散を避けるために、Materialiseはハンズフリーの3Dプリントドアオープナーをデザインしました。 私たちは、より良く、より健康的な世界を創造するというミッションの一環として、このデザインをすべての人が無料で利用できるようにしています。一緒に、変化を起こしましょう!

詳しく読む

ロックダウンの解除後、リスクなく生産性を高める3つの方法

Elizabeth Boorman
5月 07, 2020

コロナ関連の制限が一部の国で解除され始めており、多くの国が生産を拡大する方法を模索しています。しかし、今日のビジネスは、ロックダウンが始まる前の数ヶ月前とは異なります。予算の縮小、不確実な需要、リソースの逼迫に直面しているかもしれませんが、製品開発の計画を保留している場合ではありません。むしろ、これまでのビジネスのやり方を見直し、リスクを最小限に抑えた新しいアプローチで前に進むべき時なのです。

詳しく読む

3Dプリントされた非侵襲のPEEPマスク 人工呼吸器の不足を軽減

Brigitte de Vet
4月 06, 2020

コロナウイルス感染が急速に拡大し続けており、世界中の病院では、供給不足になっている人工呼吸器が切実に必要とされています。 標準の医療機器をまとめて保持する3Dプリントコネクタを設計することにより、人工呼吸器を使用せずに酸素を供給し、高陽圧を生成するソリューションを開発しました。 これはMaterialise Passive NIPと名付けられています。現在、この危機の最中、できるだけ早く利用できるようにするため、薬事の規制プロセスを得ている最中です。

詳しく読む

高速かつ高い信頼性:COVID-19による危機的状況下でMedTechがもたらした解決策

Brigitte de Vet
4月 01, 2020

COVID-19の感染が拡大する中で、3Dプリンティングは、想像力を結集することによって、世界中でその力を発揮しています。 

詳しく読む

新型コロナウイルスのパンデミック中でもAMの生産性を維持する5つの方法

Madeleine Fiello
3月 26, 2020

世界中で新型コロナウイルスの感染が広がる中、在宅勤務をしたり社会的隔離を実施することは重要です。しかし、それはAMの生産性を下げることにはつながりません。このような困難な状況でも、生産性を維持するヒントを考えてみました。

詳しく読む

金属造形向けアカデミーから学べる5つのこと

Madeleine Fiello
1月 21, 2020

3D プリント業界外からマテリアライズに転職してきた社員から見た、金属造形向けアカデミーの利点をまとめてみました。今回参加したアカデミーには、様々なバックグラウンドを持ったお客様が参加していましたが、参加者にとって、何が学べるのかを体験してきましたのでご紹介します。

詳しく読む

Materialise C&V meeting 報告

Shoko Ohashi
11月 19, 2019

9月7日土曜日、循環器領域の先生方にお集まりいただき、Materialise C&V meetingを開催しました。循環器領域での3Dシミュレーションや3Dモデル活用が広がる中で、日本での導入や活用の実際とは。それらを日頃から活用している先生方に活用の工夫を共有いただきました。また、特別講演として、循環器領域の生体力学について研究をされている大阪大学 大学院基礎工学研究科 機能創成専攻の大谷先生に、「4D医用画像から心臓の中の流れを計算する」と題してお話いただきました。医用画像から心臓の中の流れを計算する上での難しさやその解決法とは。そして、そこでMimicsはどのように活用されたのでしょうか。

詳しく読む

2019年にローンチされた材料のメリット

Madeleine Fiello
11月 13, 2019

マテリアライズは2019年に6種類の新しい材料追加を発表しました。

詳しく読む

3Dプリントに適した症例の確認

Todd Pietila
6月 26, 2019

These guidelines are furthermore influential as they will support new billing codes, called CPT codes, for Point-of-Care 3D Printing, which are due to implemented in July this year. These initial CPT codes make it possible to collect more data on the prevalence of 3D printing and for what cases it is used across U.S. hospitals and will ultimately pave the way for further reimbursement initiatives.

詳しく読む