Tutorial video

3Dプリンタ用にエラーだらけのデータをラッピング機能でパワフル修正する方法

パーツによっては内部のエラーが多く、3Dプリントの準備が非常に大変なものがあります。そんな時はシュリンクラップ機能を使う時です。以下のビデオでは、これがなにか、そしてどのように使用するかを説明しています。シュリンクラップは、色情報に影響を与えることなく3Dモデルを修復します。

前提条件

ビデオトピック
ビデオを全部見る時間がなければ、興味のあるトピックにジャンプしてください。下記のタイムスタンプをご覧ください。

シュリンクラップの場所 0:46

シュリンクラップの設定 0:52

グローバル/ローカルシュリンクラップ 1:26

適用した結果 1:48

各ステップの説明

  1. カラーパーツを選択してください
    • ローカルにシュリンクラップしたい場合は、マーキングツールを使用して領域をマークします。
  2. リボンの修正 >> パーツのシュリンクラップに移動します。
    • ローカルでシュリンクラップする場合は、ローカル タブに切り替えます。
  3. シュリンクラップ」のパラメータを決定します。
    • サンプル間隔は、保存される詳細の最小サイズです。
    • ギャップフィル(Gap Fill)は、「シュリンクラッピング」中にブリッジされない最小のギャップサイズを決定します。
    • 有機形状を有効にすると、アルゴリズムは元のジオメトリをカーブした特徴を持つ有機形状として予測しようとします。
    • 余分な厚さを追加することで、薄い壁の消失を防ぐことができます。
  4. 設定の準備ができたら、「適用」をクリックします。
作成者: Aylin Kertik
Contributor(s)
チュートリアル作成日 23 4月 2018
最終変更日 23 4月 2018

Benefit from these data preparation features with Materialise software.

Find the software program that suits your needs and try it for free!

Discover more and start trial