導入検証サービス

導入検証サービス|Materialise Streamics

3Dプリントのワークフローは、業界や企業で定められたさまざまな基準、使用する3Dプリント技術の種類や3Dプリンタの機種、さらには業務担当者の知識や経験によっても大きく違ってきます。

Materialise StreamicsにはStreamics R&D(研究開発用)と、Streamics ISB(社内試作部門用)の2種類があります。どちらのパッケージも、お客様の現場でMaterialise Streamicsを効率的にお使いいただくために、まずは通常業務の状況分析をすることから始まります。お客様のニーズは何か、使用しているソフトウェアは何か、現在のプロセスの状況についてなど、現場の現状を知った上でマテリアライズはお客様と一緒に取り組み、提案書を作り上げていきます。現場のニーズに合わせ、使用中の3Dプリンタ、またはこれから導入予定の3Dプリンタやソフトウェアと連携できるようソフトウェアをカスタマイズし、業務の自動化が実現できるソリューションを提供します。

Materialise Streamics導入後、効率化された業務プロセスに対応するためのサポートとして、現場担当者様を主な受講者としたトレーニングを提供しています。電話での技術サポートも提供しており、お客様がオペレーションの変化にスムーズな対応ができるように支援しています。

お問合せパッケージについてもっと詳しく