機能詳細

AM生産工程中の作業を自動化

自動化機能を備えたMaterialise Streamicsは、AM生産過程で人為的ミスが発生するリスクを軽減。自動化する作業はデータ修正、最適なパーツの配置、サポート生成などの造形プラットフォーム準備作業だけでなく、製造コストの計算、造形ステータスの通知、シリアル番号の追加なども含みます。

 

全ての重要AMデータをまとめて保存、分析

全ての生産工程に関するデータが閲覧でき、各工程に関して知識を深められます。また様々な関連データセットがリンクしているので、生産サイクルの後期でも簡単に修正が可能。生産過程やそのKPIに関してのレポート生成にも役立ちます。

 

ワークフローの管理と統合

複数のパーツが特定の造形機パラメータに基づき同時に行われるAM生産においては、複雑なワークフローと生産計画が課題となりがち。そこでワークフローを簡易化し、各工程の実行を制御できるMaterialise Streamicsが活躍します。コスト、品質、納期に関しての意思決定も関連データに基づいて早期に行え、APIを利用することでその他の事業とAM製造ラインを分断することなく連携させられます。

 

最適な造形準備とAM生産計画管理

Materialise Streamicsは異なる3Dプリンターで計画、実行された造形の概要をまとめて視覚化し、見やすい形で表示。ボトルネックや空き造形スペース、マシン性能に関する洞察を瞬時に得られます。更に複数作業の準備や計画も最適化。AM生産計画管理の簡易化に役立ちます。

 

造形機との効率的な通信

異なる造形技術を用いた様々な3Dプリンター機種と直接やりとりできるMaterialise Streamicsは、データ準備や造形機データ移行時に人為的ミスが発生するリスクを抑えます。またマシンの隣で待機したり、別の場所から造形機に接続しなくとも、造形状況の把握が可能に。手作業でのマシンパラメータ収集、保存、制御はもう必要ありません。