3Dプリンタの造形パターン制御

3Dモデルと造形機のギャップを橋渡し

コンピューター上のデジタル3Dファイルを実際触れられるモノへ作り変えるためには、立体モデルを一層ごとにスライスし、3Dプリンターが読み取れる形式のデータに変換する過程を避けては通れません。ビルドストラテジーとも呼ばれるこのデータ変換プロセスは、造形にかかる時間、材料の消費量などAMマシンの動き、また完成するパーツの性質(強度や重さ)に直接影響を及ぼします。

Materialise Build Processor

bp_graph.jpg

Materialise Build Processor (BP) が提供するのは、貴社の3Dプリンターやお使いの材料に合わせて最適なビルドストラテジーを制御・開発するツール。

  • お使いの造形機のプラットフォームや3Dプリントするパーツに合わせたビルドストラテジーの設定、コンフィグレーション、適用
  • スライシングとハッチングのパラメータ制御、マシンごとのプロセス制御
  • ライブラリに内蔵されたスライシングとハッチング用アルゴリズムは様々な3Dプリント技術とファイル形式に利用可能なだけでなく、カスタマイズも可能
  • Materialise Magicsとの連携で柔軟なパーツ配置を、Materialise Streamicsとの連携で完全なトレーサビリティを実現


Materialise Control Platform

レーザー式3Dプリンターを使った研究開発・材料開発を行う方には、ソフトウェア駆動型の組み込みハードウェア・ソリューション Materialise Control Platform の追加でさらにマシンのコントロールが自由自在に。