マテリアライズ社と中国最大の国営循環器病センター阜外心血管病医院が、3Dプリントセンター設立へむけ提携

北京、中国- 2015年6月24日 マテリアライズ社(NASDAQ-MTLS)と中国最大の権威ある国営循環器病センター、阜外(フーワイ)心血管病医院は院内の多目的3Dプリントセンター設立にあたっての業務提携契約を締結しました。この提携により、ベルギーに拠点を置く3Dプリント用ソフトウェアとサービスにおけるパイオニアであるマテリアライズ社と中国最大の循環器病院は中国の専門家向けに3Dプリント臨床計画支援ツールを提供していきます。ベルギー王国と中国の二国関係を更に強化すべく、ベルギー外務大臣ディディエ・レインダーズと商務省事務次官ピーター・ド・クレムをはじめとするベルギー政府高官が見守る中、契約書は署名されました。

契約書に署名するにあたり、マテリアライズ社取締役会長であるピーター・リースは以下の様に述べています。 「マテリアライズ社は阜外心血管病医院と中国の薬事規制機関と緊密に連携していくことにより、医療従事者や患者様に3Dプリントモデルがもたらすべき恩恵を享受していただけることを期待しています。複雑を極める循環器治療において、3Dプリントモデルがいかに治療支援において有用であるか、そしてそれらがいかに治療の向上に貢献し、人命救助に貢献しているかは世界中で既に示されています。特に複雑な先天性心疾患を持って生まれた小さくて繊細な乳児の治療現場において3Dプリントモデルの有用性が実感されています」

阜外(フーワイ)病院の胡盛寿院長は契約締結にあたり次のようにコメントしています。 「我々はより安全で経済的かつ環境面にも配慮した持続可能な院内3Dプリントを実現するという目標を達成する為に、医用3Dプリント業界において25年間の実績を持つ会社との提携を評価しました。当院はこれにより、中国における3Dプリント心臓モデル教育機関として指導的な立場をとり、国民に利益を享受してもらえる様、3Dプリント技術について、そして外科医がどのようにこの技術を活用すべきかといった知見を普及する使命を担っています」


マテリアライズ N.V. 社について
ベルギー・ルーベンに拠点を置き、世界中の支社を通してビジネス展開している。当社は積層造形(AM)ソフトウェア・ソリューションと最新技術を要する極めて複雑な3Dプリント・サービスを医療、自動車、宇宙航空、美術、そして消費者向けなど、様々な分野において提供している。1990年より3Dプリント技術の工業と医療分野への応用にあたり、プロトタイピング、生産、そして医療用ニーズに応えるため、生体工学と臨床現場で必要とされる画像処理や術前シミュレーションなどのソリューションを提供してきた。 更に詳しい情報はこちら:www.materialise.com   

阜外(フーワイ)心血管医院について
阜外心血管医院は1956年に設立され、循環器病に特化した中国最大の病院であり、最高クラスであるGrade III Class Aの認定を受けている。循環器病における患者様の治療、教育、研究、そして予防を専門とする国立循環器病センター(NCDD)でもある。2,550名の医療従事者とサポートスタッフが勤務している。約73,200平方メートルの敷地には病床967床、実験用ラボ8棟、事務センター23棟、病棟37棟、手術室19室、ハイブリッド手術室2室、カテーテル・ラボ11室、ICU11室があり、それらを14の臨床センターと心臓外科、循環器科、そして画像診断科の3つの経営委員会が管理している。心臓MRIや、64スライス心臓CTスキャナーなど、循環器病診断用の最先端の医療機器を配備している。 更に詳しい情報はこちら: http://www.fuwaihospital.org/News/Main?siteId=527
 


本件に関する連絡先

Vanessa Palsenbarg
マテリアライズ NV 広報
Phone: +32 16 39 66 37
Fax:    +32 16 39 66 00
Email: Vanessa.Palsenbarg@materialise.be
Twitter: @belgiancanuck or @MaterialiseNV
Visit: www.materialise.com

Cory Ziskind
ICR
Phone: +1- 646-227-1232
Cory.ziskind@icrinc.com


Cautionary Statement on Forward-Looking Statements
This press release contains forward-looking statements regarding, among other things, the plans, objectives, expectations, strategies and prospects of the Company, both financial and business.  Such statements are subject to known and unknown uncertainties and risks. When used in this press release, the words “estimate,” “expect,” “anticipate,” “project,” “plan,” “intend,” “believe,” “forecast,” “will”, “may”, “could”, “might”, “aim”, “should” and variations of such words or similar expressions are intended to identify forward-looking statements. These forward-looking statements are based upon the management’s current expectations. These expectations, beliefs and projections are given in good faith and management believes there is a reasonable basis for them. However, the management cannot offer any assurance that its expectations, beliefs and projections will actually be achieved. By their nature, forward-looking statements involve risks and uncertainties because they relate to events, competitive dynamics and industry change, and depend on economic circumstances that may or may not occur in the future or may occur on longer or shorter timelines than anticipated.  Management cautions readers that forward-looking statements are not guarantees of future performance and involve known and unknown risks, uncertainties and other factors that are in some cases beyond its control. All of the forward-looking statements are subject to risks and uncertainties that may cause actual results to differ materially from expectations.  Management makes no commitment, and disclaims any duty to update or revise any forward-looking statements to reflect future events or changes in its expectations.

AddThis