3Dプリント技術がコロナウイルス拡散防止に一役

マテリアライズの3Dプリント製ハンズフリー ドアオープナーを使ってドアへの直接接触を防ぐ 

ルーヴェン (ベルギー) – 2020年3月16日 3Dプリント技術はコロナウイルス感染拡大を防ぐことができるかもしれません。ベルギーに本社を置く3Dプリントのパイオニアでもあるマテリアライズ社は、直接手を触れることなく、腕を使ってドアの開閉を可能にする、3Dプリント製ドアオープナーをデザインしました。同社はそのデザインデータを無料公開し、3Dプリント関係者にはドアオープナーを3Dプリントして世界中で使えるようにしてもらえたらと願っています。 

専門家の意見では、コロナウイルスは物体の表面上に長時間生き残ることができ、ドアハンドルは感染のリスクが高いと考えられています。3Dプリント製ドアオープナーは、既存のドアノブにパドル形状のものを取り付け、手を使うことなくドアの開閉ができるようにするものです。安全上の理由でドアを常に開けておくことができない場合もあると思います。そのような場合に、ドアオープナーを使うことで感染リスクを抑えることができるでしょう。

このハンズフリードアオープナーは簡単に使える設計になっています。ドアに穴を空けたり、ドアノブ交換などは不要で、簡単に取り付けられるのが特徴です。今回は円筒状のドアノブ向けのデザインとなっていますが、マテリアライズは近々、ほかの形状のノブ用にもデザインを追加する予定です。

3Dプリント製ドアオープナーは、マテリアライズ社内ミーティングで、従業員や訪問者を感染から守るために考えられたアイディアです。そこから、より多くの人にも使ってもらえるのではないかと考え、デザインデータの無料公開に至りました。誰でもデザインをダウンロードでき、近くの3Dプリント業者に注文することができます。3Dプリントテクノロジーがあれば、世界中でドアオープナーを急速に広めることが可能です。2018年には、世界中で50万台を超える3Dプリンターが販売されています。デザインデータのダウンロードはこちらから: https://www.materialise.com/ja/hands-free-door-opener

3Dプリンティングは、製品を素早く、少量でも作ることを可能にするデジタル製造技術です。この技術は、ローカル製造も可能にしてくれます。出張や輸送が難しい今般、現地で製造するということがより重要になっています。

“マテリアライズの30年にわたる3Dプリントの専門知識や経験と、3Dプリントの力により、今回のようなアイディアを24時間以内に革新的な製品に変えることができました。” マテリアライズCEOのフリード・ヴァンクランは言います。“デザインをデジタル化することにより、3Dプリンターで製造し、いつでも世界中で使用することが可能になります。今回のドアオープナーのケースでは、ベルギーで設計し、中国、ヨーロッパ、アメリカなどで3Dプリントされています。”

3Dプリンターや近くの3Dプリント業者との関わりがない人でも、マテリアライズのi.materialiseからドアオープナーを注文することができます。ネジを含む2つのドアオープナーセットは40ユーロで購入できます。マテリアライズは30年の3Dプリンティング経験を持ち、世界最大の3Dプリント工場を所有しています。

 

 

マテリアライズについて
マテリアライズは、 30 年間の 3D プリントの経験を、さまざまなソフトウェアソリューションと 3D プリン トサービスに取り入れ、業界のバックボーンを形成しています。 マテリアライズのオープンで柔軟なソ リューションは、ヘルスケア、自動車、航空宇宙、芸術とデザイン、および消費財を含むさまざまな業 界のプレーヤーが、世界をより良く健康的な場所にすることを目的とした革新的な 3D プリントの用途開 発を可能にします。ベルギーに本社を置き、世界中に支社を持つマテリアライズは、業界最大のソフト ウェア開発者のグループと、世界最大級の 3D プリントの施設を保有しています。

 


Press contact
Kristof Sehmke
Email: Kristof.sehmke@materialise.be 
Or press@materialise.com 
Twitter: @MaterialiseNV
Visit: www.materialise.com  

AddThis