3Dプリントした部品を厳しい環境で使用

Pinovoは、石油業界、ガス業界において、腐食に対するよりよいソリューションを見いだすため継続的に努力しているノルウェーの企業です。その中で、健康、安全、環境に関する標準を設定するという目標を実現するため、マテリアライズに助けを求めました。PinovoのCEOであるジャン・ヘルダルは「マテリアライズの技術により、私たちは、非常に柔軟な方法で新しいより効果的なツールを導入することができました」と述べています。

より安全な、より環境に優しいソリューションを求めて

Pinovoは、2004年の設立以来、Innovation Norway、Exxon Mobil、Shellと密接に連携し、石油やガスのパイプライン上の腐食に対処するよりよいツールを開発してきました。Pinovoの目標は、砂吹きのプロセスを、開かれたシステムから、環境に優しい閉じられた安全なソリューションへと移行することです。開かれたシステムでは、多大な無駄が生じ、操作員を高レベルの環境汚染にさらしてしまうのです。Pinovoは、この移行を可能にするツール群を開発しようとする中で、従来の工業技術では時間がかかり、費用もかさむことに気がつきました。

マテリアライズだけが製造の力になれるツール群

Pinovoが開発していたツール群の中に「PiBlaster」があります。大きく広範囲なパイプ作業が想定されていたため、PiBlasterは、特殊な筐体構造をしており、従来の鋳型から製造されるわけではありませんでした。また、Pinovoは耐久性が高く、帯電防止の素材を必要としていました。パイプを吹くときの厳しい環境の中での作業となるので耐久性が必要でした。そして、砂吹きのプロセスで火花が散ったり、静電気を蓄えたりすることを防止するために帯電防止である必要がありました。マテリアライズは、アディティブマニュファクチャリングのパイオニアであり、高い生産能力を持っていますので、必要な部品を作り、要求をすべて満たし、レーザー焼結に関する必要な専門知識を提供し、帯電防止で弾力のあるPA-AF を提供することができました。

 

新しい挑戦に柔軟に対応する準備が整う

現在、Pinovoは、マテリアライズとともにPiBlaster製品の筐体構造の製造を続けており、現在はさまざまなサイズがあります (2インチから6インチまで)。また、新しい携帯ツールやアダプターも製作しています。アディティブマニュファクチャリングを利用することで、新しい製品に対する要求やアイデアが生まれてから、製品が完成するまでの時間はかつてないほど短くなっています。これにより、Pinovoは、顧客の要求に非常に柔軟に応えることができるようになりました。マテリアライズとPinovoが提携してからの短い時間の間に、マテリアライズは1,200を超える製品をPinovoとその顧客向けに製造しました。 「Pinovoは、PiBlasterと関連製品を使用して、私たちの当初の目的である、安全で環境に優しいソリューションに向けた取り組みを行ってきました。そして、操作員がメンテナンス関連で環境汚染にさらされてしまうことは、事実上なくなりました。また、無駄も75~95%削減しました。マテリアライズは、これを実現するための重要な役割を担いました」 Pinovo CEO、ジャン・ヘルダル

To discover how Materialise can be of benefit to your business,
please click here.

To learn more about Pinovo, please visit their website.

To learn more about Additive Manufacturing, contact us.

他の活用事例を読む

キーワード 業界 ソリューション