Yuka Hattori 6月 13, 2018
Materialise Academy

昨今注目を集める金属3Dプリンティングの分野において、品質やトレーサビリティといったキーワードが頻繁に聞かれるようになりました。皆様のなかにもそういった課題や不安をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

マテリアライズでは、課題の解決につながるソフトウェアの操作体験をいただける「ハンズオンセミナー」や、金属3Dプリントに関する要素やノウハウを隈なく習得いただく「メタルアカデミー」などの開催を通じて、弊社での取り組みや知識・経験をお客様方と共有する場を設けてまいりました。

2018年5月には、メタルアカデミー・ハンズオンセミナー合わせて3日間のイベントを開催。ご参加者様にアンケートにご協力いただきましたので、こちらで本イベントの開催報告をさせていただきます。

イベント①第2回メタルアカデミー

✴開催の概要✴
開催日:2018/5/16-17 場所:横浜市内にて。
ご参加:9社23名


✴学べるポイント✴

  • 金属造形全体像

  • 溶融プロセス

  • 材料の特性や管理方法

  • 金属造形を生かす設計

  • パーツ配置やサポート生成の方法

  • 溶融因子とプロセスウィンドウの取得

  • スキャンパターンの影響

  • 後処理工程

  • グループワーク (パーツ配置・サポート生成)

 

くわしくは、下記サイトをご参照ください。
メタルアカデミーとは?第1回メタルアカデミーの様子


 

ご参加者アンケートのご回答を抜粋してご紹介!

Q1. メタルアカデミーの全体的な感想をご自由に記入ください。

「体系的に学ぶことができたので、知識の整理、知見の習得と大変有意義な機会となりました」(製造業/工業製品)


「実際での現場の実験・研究事例・生産事例に基づいた講義であったため、弊社での失敗事例/成功事例と突き合わせができて、納得できる部分が多かったので、その確認検証として有意義な内容でした」(製造業/工業製品)


「今まであいまいなイメージしかもっていなかった造形リスクに関し、様々な要因を関連付けながら理解するための考え方を学ぶことができた」(製造業/工業製品)


「造形を成功させるために、製造面で検討すべきことだけでなく、設計面で考慮すべきことも把握でき、有意義であった」(製造業/重工)


「メタル3DPの製造導入においてマシン特性やノウハウ、パウダーなど、一連の技術を理解でき、大変有意義であった」(製造業/自動車)

グループワークでは活発に議論が交わされます。

グループワークでは活発に議論が交わされます。

グループごとに見解を発表いただいています。

グループごとに見解を発表いただいています。

Q2. メタルアカデミーの内容はいかがでしたか?

stars

コメント

「溶融メカニズムを正しく理解できるようになった。問題対応が必要になったとき、正しい検討ができる」(製造業/工業製品)
「プロセスウィンドウの取得に関しての内容は大変参考となった」(製造業/航空部品)
「内容が多岐にわたっていて、統合的に学ぶことができた。理論的な説明が良い」(製造業/車・航空)

 

Q3. メタルアカデミーを他の方に勧めますか?

stars

「はい」とご回答いただいた方のコメント

「体系的に全体を学ぶことができ、3D積層を知る上で大変有用である」(製造業/工業製品)
「Metal 3Dプリンタの基礎から、運用時のリアルな問題まで広くまとまっている」(製造業/工業製品)
「今後、活用することになったら、オペレータの人にはきちんと理解してほしい内容だったため」(製造業/自動車部品)

 

「いいえ」とご回答いただいた方のコメント

「本会で当社全員のため」(製造業/工業製品)
「自社内は必要と思われるところを伝達すれば良いため」(製造業/工業製品)

Q4. テキストについて

stars

Q4. 説明や進行について

stars

コメント

「英>日逐次通訳なのに、わかりやすいと感じた」(製造業/自動車部品)
「専門的な内容を分かりやすく分解して進行していたと感じる」(製造業/自動車)

Q5. 価格について

stars

コメント

「CADやビジネスセミナーと比較すると割高ではあるが、ノウハウ的なことも聞けるので手戻りのリスクが減ると思うと安い」(製造業/自動車)

一方で、高いと回答された方の75%は
アカデミーが有意義であったと回答。
stars

 

 

たくさんの嬉しいご感想や貴重なご意見を頂戴し、感謝申し上げます。今後のマテリアライズジャパンの取組みに生かしてまいります。
アカデミー後には懇親会を開催し、交流を深めていただけたのではないでしょうか。
改めまして、ご参加いただきました皆様、ありがとうございました。
アカデミーと続けて3日目のセミナーにも多くのお客様がご参加されました。その様子は後編

カテゴリー