繰り返し作業の自動化で、
スピーディな3Dプリントを実現

Materialise RobotはCADファイルのSTL変換、エラー修正、見積もりなど、3Dプリントの工程内に繰り返し発生する面倒なデータ処理を自動化。作業効率を高め、3Dプリント事業の持続可能な成長を支えます。さらに特定のニーズやお客様の好みに合わせた自動化設定の調整も可能です。

お問い合わせ

Materialise Robotを選ぶ理由

STL変換などの作業を自動化|Materialise Streamics

24時間年中無休、自動でデータ処理

昼夜稼働する Materialise Robotに繰り返し作業を任せることで、リードタイムの短縮と顧客サービスの向上を実現。Materialise Robotが面倒なタスクや反復的なデータ処理をMaterialise Magicsに代わって行います。

自動化によるスピーディな3Dプリントが可能に|Materialise Robot

リードタイム短縮

自動STL変換、設計の修正や見積りなどの作業量を大幅に減らすことで、より多くのお客様へより良いサービス提供を。さらにMaterialise RobotからMaterialise Streamicsへのアップグレードを行うと、造形スケジュールと各パーツの追跡も可能になります。

自動化で3Dプリントのコスト削減|Materialise Robot

高い費用対効果

繰り返し作業の自動化で、コストを抑えつつより多くのファイル処理を実現。継続的に大量のファイル処理をしているなら、Materialise Robotが短期的、長期的なコスト削減へのお手伝いをいたします。

APIでソフトを拡張|Materialise Robot

ソフトウェアの拡張

Materialise Robotはウェブポータルとの接続や、貴社のソフトウェアとの連携にも対応。 第三者製アプリケーションとの接続もRESTおよび.NET APIを介して可能です。

Materialise Robotを無料で体験 お問い合わせ 資料をダウンロード

Materialise Robotの機能

CADからSTLへ自動変換

Materialise Robotがあればファイルをひとつずつ開き、手動でSTLに変換する作業はもう必要ありません。

 

造形可否のチェックとパーツの分類

Materialise Robotはエラーの有無、肉厚等の条件に基づいてパーツを自動で分類します。

 

見積り用パラメータ抽出

受け取ったパーツの見積りに必要なパラメーターを自動で抽出するのもMaterialise Robotの強みです。

 

指定の手順でSTLを自動修正

Materialise Robotはパーツを分析、指定の修正手順を適用することでファイルを自動的に修正します。

 

独自ワークフローの作成

ワークフローエディターを使えば、特定のニーズに沿った貴社独自のデータ処理の組み合わせが可能に。

 

 

自動STL最適化

Materialise Robotはパーツの境界ボックス最小化、寸法調整、三角数削減、パーツ方向の最適化まで全て自動で処理します。


 

ソフトウェアの拡張

Materialise Robotはウェブポータルとの接続や、貴社のソフトウェアとの連携にも対応。 第三者製アプリケーションとの接続もRESTおよび.NET APIを介して可能です。

 

3Dプリント用パーツの自動配置

Materialise Robotのパーツ自動配置機能はレーザー粉末焼結3Dプリントの納期短縮とコスト削減を支援。複数回分の造形プラットフォームも一度に自動配置できます。

 

Materialise Robotの活用事例
バンダイグループ、メガハウス様

3Dプリントのデータ処理を自動化
1時間の作業を数分に削減

詳しいお客様事例を読む お客様事例一覧を見る

NEW RELEASE

近日リリース Materialise Robot 6!

マス・カスタマイゼーション機能がさらに充実