機能詳細

CADファイルのインポートとSTL変換

Materialise Magicsはほとんど全てのCAD標準フォーマットをインポート可能。
色情報を保持したままオリジナル データを管理できます。
以下の形式のデータがインポート可能です。

VRML (*.wrl, *.vrml, *.x3dv), Rhino (*.3dm), Sketchup (*.skp), OBJ (*.obj), 3DS (*.3ds, *.prj), PLY (*.ply, *.zcp), ZPR (*.zpr), FBX (*.fbx), COLLADA (*.dae), X3D (.x3d), 3MF (*.3mf), DXF (*.dxf), STL (*.stl)

 

STLエラー修正

3Dプリントの成功には高品質な3Dファイル準備が欠かせません。
Materialise Magicsには以下のような多様なエラー修正機能が含まれます。

  • 自動修正機能で最も起こりやすいエラーを1クリック修正。
  • 複雑なエラーが発見された際は、修正ウィザードが全ての修正過程を各ステップごとにガイドします。
  • マニュアルツールで完全な制御を維持。
  • 建築モデルのエラー修正や厚み付けにはラッピング機能が便利。
    元々のモデル上に薄い層を重ね、層の厚み分だけモデルを縮小。全てのエラーを一度に修正します。
     

メッシュ改善

体積を持つ、隙間のないメッシュを編集・作成したいなら、以下のメッシュ改善ツールが役立ちます。

  • 三角数削減機能で不要な三角を除去
  • ディテールはそのまま、メッシュはスムーズに
     

STL編集

Materialise Magicsは3Dプリントを目的とした、豊富で使いやすい編集ツールを内蔵。

  • モデル内部の中空化と穴あけ(中空化の自己支持オプションも有り)
  • 高度な分割線でモデルをカット
  • パワフルなブーリアン演算(和演算、差演算、積演算)の実行
  • 文字や図のラベルを追加
  • サーフェスモデルをソリッド化し、3Dプリント可能な状態に
  • 押し出し、オフセットツールでパーツ形状を編集
  • 三角、サーフェス、シェル全体を素早く正確に選択

 

色とテクスチャ

選択した箇所へ色やテクスチャを適用、その後の編集も簡単。
最適化されたアルゴリズムを使った色やテクスチャ情報が崩れないよう保護するオプションも。

 

造形準備

高度な配置ツールと対象マシン情報の利用で造形プラットフォームを迅速かつ効率的に準備。

  • Materialise Magics上で3Dプリンター内を視覚化、パーツをいくつ収納可能か確認
  • 使いやすくパワフルな移動、 回転、 スケール変更、ミラー、クイック整列ツールで3Dモデルの正確な配置、回転、寸法調整を実現
  • 造形禁止エリアを設定することで、パーツを配置しない箇所を指定
  • 自動配置で多数のパーツ造形プラットフォーム準備も素早く

 

分析とレポート作成

Materialise Magicsは造形物の品質を高める分析と測定ツールを備えています。
加えてレポート、3D PDFファイルも作成可能。

  • パーツの全ての部位に造形可能な厚みがあるか確認
  • パーツ同士が重なっていないか、3Dプリンターの造形可能範囲を超えていないか確認
  • 3Dモデルと実際の造形物の寸法が寸法公差値内に収まっているかの確認、検証を行い、レポートを作成
  • パーツのどんな箇所も寸法測定可能
  • 3D PDFファイルやレポート作成機能で、取引先とのコミュニケーションをさらに効率的に。Materialise Magicsに保存されたパーツの数値情報を、ワードやエクセル形式のレポートとして書き出せます。

 

視覚化

視覚化ツールは3Dアプリケーションのスムーズな操作に欠かせません。
Materialise Magicsは以下のような視覚化ツールを備えています。

  • 様々なシェーディングモード(シェード、三角、ワイヤーフレーム、半透明表示)が各パーツへ適用可能
  • パーツのエラー箇所をハイライトして指摘
  • 複数の断面を同時に作成
  • スライスプレビュー

 

カスタマイゼーション

Materialise Magicsのユーザーインターフェースはカスタマイズも簡単。
あなたのニーズに合わせて調整が可能です。

  • 使わない機能やタブを隠す
  • 独自のリボン、ツールバーやスピードダイヤルを作成
  • よく使う機能のショートカットを作成
  • 好みに合わせてカラーを変更