3Dプリンタと材料の研究開発に、
無限の自由度を

Materialise Control Platformは、レーザー3Dプリンタ用制御システム。新機種開発を目指す3Dプリンタメーカー、3Dプリント用材料の研究を行うR&D関連部署など、特定のニーズに合わせて造形の工程を自由に制御、調節したい方のために開発されました。

お問い合わせ

Materialise Control Platformを選ぶ理由

3Dプリンタのために開発された制御システム

Materialise Control Platformは光造形機、レーザー焼結3Dプリンターや金属3Dプリンタ専用のフレームワークを提供。モジュール式で柔軟性の高いこのフレームワークは、3Dプリンタ用に特別に開発たものです。

知財の拡大


オープンなプラットフォームを提供するMaterialise Control Platform を使えば、アイデア次第で競合他社との差別化を図ることも、研究開発用無限の応用法を生み出すことも可能に。3Dプリンタの機能拡張、機能変更、新機種の開発も容易です。

スピーディな市場投入を可能に

マテリアライズのノウハウをベースに新機種3Dプリンタや新材料を開発すれば、お客様はその他の開発課題に集中でき、より短い時間内での市場投入が実現します。

総合的な製品群との組み合わせ

The Materialise Control Platformは業務用3Dプリント用パッケージソフトMaterialise Magics 3D Print Suiteに統合。3Dデータ準備から3Dプリントを取り入れた生産管理用ソフトウェアまで、Materialise Magics 3D Print Suiteは総合的なソリューションを 提供する製品群です。

Materialise Control Platformに関して詳しくは、お気軽にお問い合わせください。 お問い合わせ 資料をダウンロード

造形装置の開発と制御

  • コントローラーの活用による迅速な市場投入
  • 独自の知財をベースにすることも、マテリアライズのノウハウをベースにすることも
  • 3Dプリンタの機能拡張、機能変更、新機種の開発も容易
  • ツールパスパターンの微調整は研究開発用 Build Processorで

研究開発(R&D)への応用

  • 3Dプリント工程の検査
  • AM工程を特定のニーズに適応
  • リアルタイムでデータを監視、記録
  • リアルタイムでクローズドループデータ処理
  • Luaによるプログラミング
  • 研究開発システムから、スムーズな市場への移行を

工程管理を徹底させた生産プロセス

  • Materialise Streamicsとの組み合わせで、全てのAM生産工程を追跡
  • 標準プロトコルで3Dプリンタと接続し、データを抽出

「Materialise Control Platformで我々の最新ブランドS200機をパワーアップできたことを 嬉しく思います。層造形専用に開発されたプラットフォームを マシンに内蔵することで、 品質と効率性の大幅アップに向けた 様々な可能性が開けました」

Xue Lei, CEO of Bright Laser Technologies