3Dプリント用
データ最適化ソフトウェア

通常、積層造形用の優れたデザインはCAD設計、トポロジー最適化モデル、シミュレーション結果、またはスキャンデータをもとに始まります。3Dプリントの力を最大限に活かすためには、STLレベルでの設計変更や機能強化を行うための柔軟なツールが欠かせません。

Materialise 3maticを使用すれば、シミュレーション用にラフなデータを整える作業や、メッシュからCADへの再変換が可能に。さらにシボパターン、製品表面に沿った軽量構造の作成などを通じて、3Dプリント用に設計を最適化することも。

Materialise 3-maticを選ぶ理由

かつてないほど自由な設計調整と最適化

設計最適化ソフトウェア3-maticの使用で、完全カスタマイズ製品など従来の製造方法では実現不可能だったモデルも作成可能に。

 

全てのモジュールを見る

軽量構造で造形時間とコストを節約

Materialise 3-maticを使って作成できる軽量構造で、造形に必要な材料と時間を節約。3Dプリント用に最適化された格子構造は、数段優れた造形物を生み出します。

 

Lightweightモジュール詳細を見る

Master part properties

パーツ性質をコントロール

設計最適化を通じてパーツの物理的特性をコントロールすることも。空力特性、音響特性、クッション性の変更や、多孔質構造の追加によるグリップの向上、パーツの密度制御も可能になります。

 

全てのモジュールを見る

Magics Suite

総合的な製品群との組み合わせ

Materialise 3-maticは、Materialise Magicsその他の様々なソフトウェア製品群と統合されています。

 

全製品群についてもっと詳しく

Materialise 3-maticに関して詳しくは、お気軽にお問い合わせください。 お問い合わせ 評価版をリクエスト

Materialise 3-maticの機能

設計最適化

Materialise 3-maticはCAD設計、スキャンデータ、トポロジー最適化モデルをもとに、メッシュレベルでの設計最適化および修正を可能にする3Dモデリングソフトウェアです。

トポロジー最適化後処理

Materialise 3-maticはトポロジー最適化によって出力した粗い表面の再設計にも役立つツール。入り組んだ形状をCADでデザインしなおす作業が必要なくなり、有限要素解析(FEA)を用いることで生じてしまう形状の複雑さや応力集中などを避けることも可能です。

 

もっと詳しく

3Dテクスチャ、連続パターン、穴あき構造の作成

Texturingモジュールを使えば3Dテクスチャ、穴あき構造、連続パターンをSTLファイル上に直接適用し、複雑な立体構造の編集が可能に。テクスチャを使用して3Dプリンタ製パーツに機能性や美的特徴などの付加価値を加えることも。

 

もっと詳しく

製品表面に沿った軽量構造、多孔質構造の作成

Lightweightモジュールを使えば3Dプリント用に最適化された内部構造、外部構造を追加し、強度やクッション性、多孔性を高めたり、重量を軽減することが可能になります。

 

もっと詳しく

メッシュをCADへ変換

Materialise 3-matic CAD Linkモジュールを使えば、メッシュファイルをCADファイル形式に簡単に変換できます。変換時はモジュールがパーツの形状を認識するため、ゼロから設計をやり直すことなく完全なパラメトリックデザインを生成します。

もっと詳しく

VTT Presents an Organic Lightweight Hydraulic Valve

詳しいお客様事例を読む お客様事例一覧を見る

  • CASES

    Check out all Materialise 3-matic cases.

    Discover cases

  • VIDEO

    Watch our Materialise 3-matic videos.

    Watch our 3-matic videos

  • SUITE

    Materialise 3-matic. Only one part of the Materialise Magics 3D Print Suite.

    Discover Suite

  • QUOTE

    “Materialise 3-matic contains more elaborate smoothing and repair functions than other software packages. The surface processing and creation of volume meshes give this package an advantage above the competition”
    Max van de Kolk, Student TUDelft