X線ベースの術後評価

医療デバイスの術後分析にCT画像を使用する場合、その撮影費用はかさむもの。さらに、医療被ばくを理由に、CTスキャンによる術後撮影を避けたいという患者様もいらっしゃいます。死体標本を使ったテストにも、多大な時間とコストがかかることは明白です。

Mimics Innovation Suite for Research のX-Rayモジュールを使った術後検証では、CTではなくX線画像を撮影することでプロセスを簡略化することができます。このモジュールの原理は至ってシンプルです。術後のX線画像を術前のCT画像を元に3D化されたデータと統合、または「位置合わせ」した後、手術で使用された医療機器の術後の位置を正確に確認することが可能です。

Mimics Innovation Suite for Research を用いれば、CT画像に比べて低被曝で比較的安価なX線画像で、手術結果を数値化するだけでなく、医療機器の技術的改善にもつながる術後データを有効に活用することが可能です。

Mimics Innovation Suite for Research ができること

  • 研究費を削減
  • CTスキャン撮影回数の減少で、患者様の医療被ばくを低減
  • X線スキャンデータの位置合わせを簡略化
  • 様々なデータに対応する専用分析ツール
  • その他の方法では入手不可能だったデータへもアクセス
  • 術後評価を今後の症例に活用

X線ベースの術後評価

この製品についてより詳しい情報をお求めの方は、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ