医用画像を使った
精確な数値化、分析と計画に

骨格構造の分析

医用画像を使った測定や医用画像を立体化させた3Dモデルの分析も、マテリアライズのソフトウェアが簡略化。カラーマップで可視化された情報で、術前術後の骨の厚みの比較など、骨を正確に定量化し検査することができます。得られた情報は、統計分析のために外部出力することもできます。

使いやすくパワフルなツール

  • プリミティブ形状の計測ツールで、複雑な部位の計測も容易に
  • 手術時の最良角度を決定
  • 腫瘍の大きさ、複雑さを精確に評価
  • 手術結果の調査とフォローアップ
  • 手術用プレートとネジの正しい寸法を予測
  • 軟骨の厚み計測
  • さらなる統計分析用に測定値や分析値を外部出力 

DICOM画像の3D化とセグメンテーション

CTスキャンから必要箇所を簡単抽出、3Dモデル化

多様なツールがその他の業務も強力サポート

  • 幅広い種類の測定(距離、角度、長さ、
    サーフェス上の距離など)
  • 密度の確認
  • CT画像や3D画像へテキスト注釈の追加
  • 構造ジオメトリの作成
  • 厚みや極値の分析
  •  術前術後の関心部位を比較
  • MATLAB®等を使った統計分析用に
    測定値を外部出力

頭蓋顎顔面領域の分析

頭蓋顎顔面外科手術の計画やその検証を行う際、セファロ分析は非常に重要なステップ。Mimics Innovation Suite for Research には標準的なセファロ分析(McNamara、Frankfort、Steiner、Lefortなど)が含まれているだけでなく、独自の要件に合わせた新しいテンプレートの作成も可能です。

Mimics Innovation Suite for Researchを使えば、軟部組織における術前シミュレーションと実際の術後結果を比較することも可能です。また骨の厚みを計算し、頭蓋骨の特定の位置へインプラントを挿入できるかを調べることも。どちらの分析も統計情報を有効活用し、分析結果をカラーマップで表示します。

使いやすくパワフルなツール

  • 標準的な頭部測定分析も、特殊要件に沿った頭部測定分析も
  • 術前術後の測定値を比較
  • 標準化された値で結果を評価
  • 軟部組織に対する骨の厚みと外科手術の影響を分析

顔面手術時のCTスキャン立体化に

多様なツールがその他の業務も強力サポート

  • 標準分析に基づくセファロ分析のランドマーク表示
  • 点、平面、および測定値を含む新テンプレートの作成
  • その他のアプリケーションへの情報の外部出力
  • 骨組織を含む肉厚の分析と統計情報の取得
  • 術前術後の軟部組織の比較

素早いセグメンテーションを体験!      Mimics Innovation Suite for Research 最新版の機能を詳しく