Materialise Mimics Innovation Suite for Research19
最新版の機能

わずか数回のクリック操作で関心領域を抽出、メッシュ生成がより簡単に

お問い合わせ

セグメンテーションの高速化

数回のクリックでデータのセグメンテーション完了

新しい便利な編集ツールと3Dマスクプレビューを使って、今までよりも簡単で高速なセグメンテーションを実現

  • Split Maskツールで、異なる体内組織を簡単に分割
  • Edit Mask操作をしながら2D編集と3D編集をフレキシブルに切り替え
  • 直感的なコンター編集(Contour Editing)による3Dモデルの細かな調整
  • CT Heartツールの改善により、半自動心臓セグメンテーションがより高速化し、手作業の量が低減
  • 最終的なモデル作成前に、Mask 3D Preview機能によって3D表示でマスク操作を直接レビュー

「Mimicsの基本機能に追加されたSplitツールは、非常に優れています。セグメンテーションの際にユーザーはスライス画像1つ選択するだけで良いので、時間を大幅に節約できます。新たに加わった3Dプレビューツールは、3Dモデルの変化を再計算することなくリアルタイムで確認でき、非常に便利で助かっています!」

Danielle Beski, Biomedical Engineer at Materialise

FEAメッシュ作成が簡単に

非常に複雑なモデルでも、高品質メッシュを素早く作成可能

FEA用メッシュ作成プロセスのワークフローは、均質なメッシュとノンマニホールドアセンブリーを作成するロバストな新アルゴリズムの導入と、FEソルバー接続機能の改善、ならびにユーザーインターフェースの簡素化によって、大幅に改善されました。新バージョンでは、初心者でもより簡単にFEA用メッシュ作成を始められ、上級者は難易度の高いメッシュをより短時間で完成することができます。

  • Uniform Remeshツールで、均一かつ高品質なメッシュを簡単に作成可能
  • グリッドベースのノンマニホールドアセンブリーツールにより、複雑度の高いアセンブリーを作成
  • ソルバー製品ごとに用意された専用のメッシュ品質分析機能による作業の効率化
  • 目的の機能を簡単に探せるシンプルなリメッシュメニュー
  • 分かりやすく習得しやすい操作ページ
  • サーフェスおよびボリュームメッシュを維持しながらノンマニホールドアセンブリーを分割可能

「グリッドシステムのノンマニホールドアセンブリー機能には、大きな可能性を秘めています。この機能により、複数の接続部を複数のオブジェクトで共有することが可能になります。このため、近接する複数の構造を簡単に組み合わせることができます。以前はFEAで使うメッシュを作成するのに数時間から数日かかることもありましたが、もうそんなことはありません。これこそまさに、私が欲しかったツールです」

Jonathan Ford, Biomedical Engineer at the University of South Florida

使いやすさの向上

より直感的なユーザーエクスペリエンスを提供

最新バージョン19では、3D PDFで測定値のエクスポート、ファイル保存処理の高速化、X線モジュールの改善を含め、数多くが改善されています。

  • 測定値、注記、数式表現プリミティブを3D PDFにエクスポート
  • Mimicsファイルの保存速度が向上
  • GE Vividからの超音波画像インポート*
  • 2つの三角形エッジ間へのブリッジ作成
  • X線画像*の回転に使用するピボットポイントを独自に指定可能
  • ポイントベースパターン作成機能が改善され、インタラクティブなポイント選択が可能

「新バージョンは、使い勝手が良く作業時間の短縮につながるワークフローのためのオプションが増えました。メッシュファイル作成にかかる時間は大幅に短縮されました。マテリアライズの開発チームは、とても良い仕事をしていると思います」

Olga Panagiotopoulou, University of Queensland

*Materialise Mimics for Research にのみ搭載

規制情報:

Mimics Innovation Suite for Research は、現在、Materialise Mimics for Researchバージョン19.0とMaterialise 3-matic for Researchバージョン11.0 (2016年リリース)から構成されています。Materialise Mimics for Researchは、研究目的のみに使用できます。Materialise Mimics for Researchは、さまざまな医療用スキャナによって得られた画像情報を出力ファイルに変換するためのソフトウェアインターフェイスならびに画像セグメンテーションシステムです。またバイオメディカル研究におけるシミュレーション、測定、モデリングのためのソフトウェアとしても利用できます。Materialise Mimics for Researchは、いかなる医療目的に対しても使用してはならず、医療目的での使用を意図するものではありません。3-matic Researchは、バイオメディカル研究におけるコンピュータ支援設計およびエンジニアリングのためのソフトウェアです。Materialise 3-matic for Researchは、いかなる患者適合型医療機器の設計および製造に対しても使用してはばらず、そうした使用は意図されていません。

Materialise Belgium – Technologielaan 15 – 3001 Leuven – Belgium

© 2016 Materialise N.V.