3D臓器モデル
生体構造や症状を
わかりやすく

3Dプリントされた臓器モデルを治療方針決定時の判断材料とするケースは、これからますます増えていくでしょう。

専用ソフトを使った臓器モデルの3Dプリントを通じて、様々な分野の外科医、臨床医、研究者が患者一人ひとりの生体構造や症状をより深く理解できるよう、マテリアライズはそのノウハウを活かした製品・サービスづくりに取り組んでいます。また手にとって見ることのできる3D臓器モデルは、生徒への教育や患者とのコミュニケーションにも役立ちます。

 お問い合わせ 

臓器モデル3Dプリント用のソリューション

マテリアライズのソリューションで、カスタムメイドの臓器模型3Dプリントがもっと身近に。

「3D画像がどんなに高品質でも、実際に触れられる3D臓器モデルにはかないません」

- H.K. Kawamoto, MD DDS at UCLA Medical Center, USA

Using Lifelike 3D Models to Train for Complex Pediatric Surgery

Read more