金属3Dプリントで生産 従来比63%軽量のチタン製航空宇宙部品

Solutions: 3-matic, Lightweight Structures, Metal 3D Printing

マテリアライズはこの3-maticソフトウェアを使って航空機用ブラケットを3Dプリント用に最適化し、金属3Dプリントを専門に行うドイツ、ブレーメン工場で造形しました。結果できあがったのは、従来の製法で作られたものと比べ63%軽量化されたチタン製部品です。

4ヶ月で金属3Dプリンター開発 マテリアライズの制御システムで実現

Solutions: Build Processor, Magics 3D Print Suite, Materialise Control Platform, Metal 3D Printing

ドイツで製造業を営む企業FMTSに中国から舞い込んだ「新型金属3Dプリンターをなるべく短期間で効率的に製造してほしい」との依頼。FMTSは納期内に新型3Dプリンターを完成させるべく、マテリアライズと共にこのチャレンジに挑むことに。

3DプリントグリッパーのオーダープラットフォームSCHUNK eGrip

Solutions: Custom Software Development, Streamics

Schunk eGripは、グリッピング技術やクランピング技術を専門とするドイツ企業、SCHUNK社とマテリアライズの共同開発により生まれた3Dプリンタ製グリッパー(ロボットハンド)。世界で初めて、積層造形技術によるフィンガーのデザインから発注まで、グリッパーの設計を完 全自動で行なうツールです。

チタン製人工衛星用ジョイント部品、金属3Dプリントで66%軽量化

Solutions: 3-matic, Metal 3D Printing

人工衛星を軌道に乗せる際、その重量1kgあたりに約200万円もの費用がかかること、みなさんはご存知でしたか?マテリアライズの3Dプリントサービス事業部とITサービス企業 Atos は新型パーツの重量を旧型と比べ66%削減することに成功しました。

顔面スキャンと3Dプリントでつくる究極のオーダーメイド眼鏡 Yuniku

Solutions: Certified Additive Manufacturing

眼鏡選びの課題をテクノロジーの力で解決する世界初の試み「Yuniku(ユニーク)」。好きなフレーム、必要なレンズ、そして3Dスキャンした顔形状の情報を取り入れると、ソフトウェアがレンズを最適な位置に固定して、そのまわりに眼鏡フレームを自動3D設計。眼鏡を着用する消費者がフレームの微調整を行うこともできます。出来上がったデータは3Dプリンターで出力され、指定のレンズと合わせて組み立てられます。

高機能3Dプリント用ソフトで実現、トヨタの軽量カーシート

Solutions: 3-matic, Build Processor, Laser Sintering

「なるべく小体積で軽量、なおかつ最適な熱容量を持つカーシートのプロトタイプを作りたい」。トヨタ自動車と豊田中央研究所からマテリアライズのエンジニア達に寄せられたのは、そんなチャレンジングな依頼。非常に大容量の3Dデータを扱いつつ革新的なシートをデザインするという難易度の高い課題でしたが、マテリアライズのエンジニアチームはこのプロジェクトに喜んで飛びつきました。

17世紀オランダの巨大軍艦を3Dプリントで再現

Solutions: Magics

全長45m 、80丁の銃と420人の船員を擁した17世紀オランダの巨大軍艦「デ・ゼーヴェン・プロヴィンシェン」。「七州連合」を意味するその船名は、7つの自治州の連邦であったオランダ共和国のことを指しています。オランダを拠点に活動するデザインスタジオ「& designshop」が引き受けた依頼は、この戦列艦の栄光と歴史的価値を伝える1.5mのレプリカ制作プロジェクト。彼らはマテリアライズと共にこのチャレンジに乗り出しました。

航空部品Avio Aero社、金属3Dプリント生産の徹底的管理をMaterialise Streamicsで実現

Solutions: Magics, Streamics

2013年9月にオープンしたGEグループのイタリア航空部品メーカーAvioAero社の新3Dプリント製造拠点は、3Dプリンターを用いた生産ラインで従来通りの航空宇宙産業の品質を満たす部品を生産する、次世代型工場。現在3Dプリントを用いてチタン製軽量ジェットエンジンタービンを製造しています。マテリアライズはMaterialise StreamicsMaterialise Magics、2つのソフトウェアを通じてこの金属3Dプリント生産ラインを支えています。

マテリアライズの3Dプリント技術が、Nikeのアートプロジェクト実現を支援

Solutions: Additive Manufacturing, e-stage, Magics, Mammoth Stereolithography

世界初の3Dプリントによるドレス製作の協力者であるDaniel Widrig氏は、ロンドンを拠点とするアーキテクト・デジタルデザイナー。今回、彼はNike FreeおよびNike Flyknitスペシャルエディションのランニングシューズの世界発売のプロモーションにあたり、「動く身体のエッセンス」を捉えた彫像制作のプロジェクトに迎えられました。NikeとDaniel氏が人間の動きの繊細なエッセンスに命を吹き込んだ彫刻実現には、マテリアライズの3Dプリント造形技術とソフトウェアも一役買っています。

Magics が叶えるガウディの夢-サグラダファミリア完成へ向けて

Solutions: Magics, Rapid Prototyping

世界遺産にも指定されているバルセロナのサグラダファミリア。今は亡きモダニスト建築家、アントニ・ガウディの遺志を引き継いで現在もその建築が進められている「未完の聖堂」として有名です。でもその完成に向け、2001年から3Dプリント(積層造形)が活用されている事をご存知の方は少ないかもしれません。ガウディの夢を叶えるため、マテリアライズの3Dプリント用ソフトウェア Magics も一役買っているのです。

アディダス Futurecraft:3Dプリントで究極のランニングシューズを生産

Solutions: 3-matic, Additive Manufacturing, Streamics

アディダスは、アスリートの足に合わせて3Dプリントで生産を行うランニングシューズ用ミッドソール「adidas Futurecraft 3D(フューチャークラフト・スリーディー)」を発表。

3Dプリントで進化する、Phonak社のカスタム補聴器

Solutions: Magics

Phonak社は補聴器製作に3Dプリントとマテリアライズの3Dプリント用ソフトウェアを利用することで、補聴器製作のプロセスを新しくデジタル化・自動化に成功。製作時間を短縮しつつも、外側からは見えない耳の深くまでフィットする設計が実現され、より装着しやすく音響上でも最適化された補聴器が製作可能になりました。